酒に詳しいわけではない。
ただの酒好きで、酒飲み。

最近、思うことがある。
上質な地酒がものすごく多い。

以前は流通しなかっただけで、
醸造の技は伝えられていたのか。

私の個人的な感想では、
精米歩合は、あまり関係ない気がする。

とりあえず、純米酒が好き。
とりあえず、ここは譲れない。

米を磨きに磨く大吟醸だから旨い、
というわけでもないように思う。

そのせいか、最近の上質な日本酒の中には、
精米歩合の記載のないものも増えた。

一方、酒造米や杜氏の名前は、
誇らしげに載せられていたりもする。

つまりは、酵母と醸造技術が大切、
ということなのだろう。

と言うあたりまでは考えるのだが、
この先は、ご機嫌になっておしまい。

お気楽な酒飲みの話である。

a0022024_01385191.jpg
ある日の日本酒。
京・竹屋町『三多』さんで。



a0022024_02063637.jpg
関係者には申し訳ないが、
ケース画像だけなら手に取らなかった。

たまたまトレーラーを見て固まった。
音楽がパイプオルガンだった。

で、ほとんど衝動買い。

いわゆるSF。
惑星間航行や多次元空間がテーマ。

その科学的考証の精度はわからないが、
文系の私には、破たんのない世界観だと思えた。

のちに知ったのだが、この映画から
天文物理学の学術論文も書かれたという。

マット・デイモンが脇役だが重要なキャラを演じる。
その役名がヒュー・マンというのは皮肉か洒落か。

全編を通じて音楽が効果的に使われていて、
重要な場面は、ほとんどパイプオルガン。

キース・ジャレットの『讃歌』を思い出す。
宇宙の深淵を歌う音楽、とでも言えようか。

おすすめ。




a0022024_01030677.jpg
カーナビを使っていて気付いたのだが、
地図上には、とにかく寺社が多い。

「近くの施設」をピックアップすると、
神社だけでもぞろぞろ出てきた。

ドライブが趣味のひとつだが、
神社めぐりもしてみたくなった。

で、丹波の兵主神社(ひょうずじんじゃ)。
徳川家光の乳母、春日局で知られた春日町にある。

創建は、天平18年(746年)というから、
1400年近い歴史がある。
a0022024_01023861.jpg
鳥居の額「兵主社」は、文化11年(1814年)、
時の内大臣、近衛基前の揮毫による寄進。

a0022024_01035162.jpg
鎮守の杜には巨木が多く、
夏の昼でも仄暗く涼しい。

a0022024_01043400.jpg
エノキが生えているのか、
タマムシも居た。

a0022024_01205879.jpg
すぐ隣は、県立氷上(ひかみ)高校。
行き交う生徒たちは、みな挨拶してくれる。

とても気持ちがいい。
告白すると、「ガチャめし」の流れで訪ねた。

でも、ふらりと訪ねた神社の歴史と存在感に圧倒された。
不信心な私だが、神社めぐりにはまりそうだ。

そろそろ、そういうお年頃ということか。




ガチャガチャで食事内容が決まる。
その名も「ガチャめし」。

ネットで知って、行きたくなった。
いや、射幸心、というやつかな。
a0022024_22332906.jpg

SAでの食事というと、
結局無難な麺類や丼物を選ぶ自覚がある。

最高2100円の「但馬牛尽くし」が当たるという。
500円のガチャで。

しかも、その確率が7%と言うではないか。
最低でも600円~700円相当だという。

舞鶴若狭道西紀(にしき)SA(下り)。
自宅最寄りの中国道西宮北から30分ほど。

a0022024_22343372.jpg

さっさと結果を報告するが、
私がみそラーメンで、相方が天ぷらうどん。

通常価格だと、みそラーメンが650円で、
天ぷらうどんは620円。

ガチャとしては、「はずれ」だが、
確率的には、33%。

麺類に唐揚げとライスがつく「セット」は、
50%の確率だという。

考えようによっては、ブービー賞か。
って、どうでもいいけど、楽しめた。




出先での昼食予定が狂った。
「隣保で葬儀のため臨時休業します。」

店頭の張り紙にはそうあった。
兵庫県は広い。

で、慌てて調べた。
カーナビに頼った。

少し走れば蕎麦屋さんがある、
らしい。

念のため電話してみた。
ありがたいことに営業していた。
a0022024_16070010.jpg
店について驚いた。
前は、里山で、いわゆる古民家だ。
a0022024_16062835.jpg
もっと驚いたのは、
私たちが席に着くと、暖簾は降ろされた。
a0022024_16104976.jpg
お昼時に滑り込み、セーフ。
ちなみに時計は止まっていました。

で、お蕎麦。

「欲張り三昧」
十割蕎麦に辛味大根がよく合う。

a0022024_16093226.jpg
「鶏せいろ」(鴨汁系)
蕎麦湯も美味しかった。
a0022024_16115902.jpg
待っている間に気になる料理が。
ほかの皆さんが、ご注文なさる。

ご主人にお願いすると、
快く追加注文を受けてもらえた。
a0022024_16125342.jpg
それがこれ、「松葉の天ぷら」。
鶏の胸骨だそうだ。

確かにV字型の骨が松葉を連想させる。
なんとも滋味の深いてんぷら。

しかし、なんといっても一番の驚きは、
ミシュランだろう。

2016年度ピブグルマン掲載店だった。
ミシュラン、恐るべし。

言っちゃあなんだが、
こんなところまで足を延ばしていたとは。


ごちそうさまでした。
美味しいお蕎麦でした。

ところで・・・。

どなたか運転してくれませんか。
次は、お酒もいただきたいと思います。