プリンセス・トヨトミ

気になっていた映画のDVDを手に入れた。
『プリンセス・トヨトミ』。

a0022024_16493011.jpg


そうきたか、という気もするが、
結論を先に言うと、面白かった。

名古屋以東以北では大阪を気にもしないだろうが、
大阪は、東京(江戸)が何かと気にかかるようだ。

「大阪城落城残念会」や「徳川家康をののしる会」
というのがあって、愉快な活動を続けている。

あんとき真田の大将がちゃんと家康しばいてたら、
日本はこんなことにならんかった。

なんてことを、国が傾くたびに真顔で議論する。
参加はしていないが、私も共感するところが大きい。

あんとき、とは、言うまでもなく大坂夏の陣。
真田の大将は、真田幸村。

しばく、とは、まあ、その、なんだ、
懲らしめる、とか、いためつける、くらいの意味だ。

一つ間違えれば、アンチを超えて偏狭な身びいき、
身の程知らずの負け犬の遠吠えになりかねない。

なので、この映画も、少し心配だった。
心ある大阪人が、見て大丈夫か、と。

だって、原作者:万城目学がまた怪しいのだ。
大阪出身、京大法卒、東京在住。

大阪人が最も嫌うパターンと言っていい経歴。
なんで京大やねん、どこに住んでけつかんねん、と。

大阪人の劣等感を体現したようなヤツが作った映画、
と言えなくもないのである。

ネタバレ防止のために多くは語らないが、
猛虎軍団万歳映画でも豹柄オバチャン活劇でもない。

そういう意味では、安心してご覧いただける。
大阪弁がネイティヴ以外に難しいのはいつものことだが。


ちなみに、独立の実現性で言うと、
兵庫の方が先行しているので念のため。
by hirorin330 | 2012-03-12 16:55 | 映画・DVD | Comments(2)
Commented by Elfarran at 2012-03-13 02:03 x
ぷっ
生粋の兵庫っ子のhirorinさまw
まだ原作までなので
映像見たいですね♪
大阪弁のイントネーションに
関してはもう・・・
そうそう、カエラの逆手CM
いっそアレぐらい堂々と
開き直って頂いたほうが
大阪人には痛快w

DVD・・借りてみょうかしらんw
Commented by hirorin330 at 2012-03-13 16:53
Elfarran さま
いやあ、かないまへんなあ!(笑)

最近、大阪の日本酒や鴨肉も有名ですね。
でも、カニは獲れないでしょう、大阪では?w

ややネタバレですが、
あの神聖な廊下は歩いてみたいです。