浜福鶴 純米大吟醸 / 浜福鶴銘醸 (神戸・東灘)

a0022024_19382194.jpg


いつものスーパーで見かけた、
ありがたそうな純米酒。

ラベルに「磨き4割5分」とある。
45%なのか55%なのかは、わからない。

でも、半分近くまで磨きあげ、
丁寧に醸造されたのはわかる。

ただ、恥ずかしながら、
浜福鶴というブランドを知らなかった。

調べて、驚いた。
創業、平成8年。

阪神淡路大震災後の会社だ。
資本は、埼玉から。

日本酒離れがすすみ、名産地灘五郷でも、
多くの老舗が苦労してきた。

そこへ、あの震災。
息の根を絶たれた蔵も多かった。

そこへ復興の手を差し伸べたのが、
遠く、埼玉の酒造会社。

聞けば、創業者は、播州の出身で、
灘五郷で修行を積んだとか。

純米吟醸にはめずらしく、
燗がうまいと、ラベルには、あった。

めったに飲まないが、
燗酒を楽しんだ。

個人的には、燗冷まし、というか、
燗が冷めてからのほうが、好み。

いわゆる吟醸香は、淡かったが、
それでも、芳醇な香りは秀逸。

贔屓にしたい地元の酒が、又一つ。
酒飲みも忙しいのである。
by hirorin330 | 2015-01-27 19:39 | ワイン・アルコール | Comments(0)