花八景 vs 四季の華

和三盆のお菓子の対決。
って、優劣をつける気はない。

不思議なもので、似たようないただきものが続くとときがある。
今回も讃岐と京のお土産をそれぞれいただいた。

讃岐のお菓子は二回目だが前回と季節が違うので内容も異なる。
まあ、和三盆のお菓子というのは同じだが。

讃岐の「四季の華」をながめていて、しみじみ日本人の季節感を思う。
桜や蝶、土筆に薇。春だ。

「花八景」をひらくと京のみやびな風物があふれだす。
高尾、清水、大文字。都だ。

もちろんバリボリむさぼり食うものではないが、
二箱も手元にあるとなんだか豊かな気持ちになる。

いや、ウエストも食うなと言ってはいるが。

『花八景』
a0022024_15451868.jpg


『四季の華』
a0022024_15464211.jpg

開くと・・・。
a0022024_1547784.jpg


和菓子はどちらかというと苦手なのだが、これは、ふわっとした口解けがうれしい。
ここらで渋くて熱いお茶が怖い。
by hirorin330 | 2006-03-17 15:50 | スイーツ | Comments(0)