TGV / KATO

a0022024_183249.jpg


今では、ちょっと珍しいかもしれない。
KATOの初代TGV しかも N ゲージ。

四半世紀前に旧西ドイツでゲット。
新幹線が負けたのは悔しかったけど。

動力分散型の新幹線との大きな違いは、
電気機関車2両で編成を挟んでの運行。

a0022024_1851698.jpg

(画像クリックで拡大画像が別窓に開きます。)

いわゆるプッシュアンドプル方式。
先頭の機関車が引っ張り最後尾の機関車が押す。

だから、先頭車両と最後尾の車両には、
乗客は乗れない。

メリットとしては、中間客車の製造コストが安く、
高速運転中でも車内が静か。

いや、何度か乗ったが、呆れるほど静かだった。
足下にモーターがない最大のメリットだろう。

もう一つの特徴は、連結部分と台車。
中間客車は、隣の車両と台車を共有する。

a0022024_1874368.jpg

(画像クリックで拡大画像が別窓に開きます。)

連結部分でむき出しの
巨大なコイルスプリングがスパルタン。

1編成10両だが、客車は、8両で、
乗客定員は、345名。

輸送力では、2編成連結で運行しても、
同じ16両の新幹線の1300人超には、及ばない。

で、このモデル。
基本セットは、6両だが、もちろん増結セットがある。

a0022024_19161715.jpg

(画像クリックで拡大画像が別窓に開きます。)

これで1編成。
これも、秘密基地鉄道で、走らせなきゃ。

というか、四半世紀前から、住宅環境も考えず、
編成のリアリティーにだけはこだわっていた私って。
by hirorin330 | 2009-06-01 19:24 | 趣味 | Comments(2)
Commented by at 2009-06-02 22:06 x
こんばんは。
カトーのTGV、有りましたねぇ。架線集電は出来るのでしょうか?

初代はコイルバネでしたが、二代目以降は空気バネになったようですね。

欧州の鉄道も軌間は国鉄より大きくても、車体の大きさは国鉄と同様ですから....
収容力は限られてしまいますね。

TGVも最近のタイプでは、JR東日本のMAXやビスタカーのように二階建構造として収容力を稼いでいるようです。

数年前、TGVを世に出したアルストームの試験車両が、
500何km/hか忘れましたが、世界最高速度を叩き出していましたが....
その時の車両は編成前後の機関車的な車両だけでなく、中間の客車も動力台車でしたので、日本の新幹線により近いタイプになっているようです。
Commented by hirorin330 at 2009-06-04 16:04
虎 さま
パンタはダミーです。
そのあたりが、ミニトリックスやフライシュマンとの差でしょうか?w

お気づきかもしれませんが、
偏狭な軽鉄ですので、限定的にしか、
情報も知識も持っていません。(汗)
加速やトータルの経済性を考えると、
プッシュアンドプルでは、限界があるのでしょうか?

在来線での二階建て車両もあるようですが、
個人的には、TGVのあの二階建て車両は、
いま一つ美しくないと思います。
比較したとき、性能の差はともかく、
ICE3は、美しいと思っています。