2017年 08月 01日 ( 1 )

春先から感じていた右肩関節の違和感が、
7月半ばから激痛を伴うようになった。

外科を受診すると、肩関節周囲炎との診断。
いわゆる、40肩、50肩らしい。

普通にしていれば痛くはないが、
関節の可動域が著しく制限される。

前方向に約90度、
45°方向に約60度、
180°方向に約45度、
後方にはほぼ動かない。

少し無理をすると、声が出るほど痛い。
いや、参っている。

たとえば、朝起きてからの行動でいうと、
利き腕では、ドアのノブがほぼ回せない。

Tシャツを脱ぐとき、パンツを脱ぐとき、
限界を超えて動かすと激痛が走る。

シャワーを浴びてもシャンプーは片手で。
着替えは以前の倍ぐらいの時間がかかる。

ネクタイを締めるときも困っている。
襟の中におさめるのが大変。

高い場所のキャットフードは左手でとる。
オレンジも左手で絞る。

車に乗ってもシートベルトが締めにくいし、
ハンドルさばきも左手に頼りがち。

おかげさまで仕事には差し支えてないが、
休憩時に伸びもできない。

尻ポケットのハンカチが取れないし、
そもそもポケットに手が入らない。

妻の車を乗ることも多いが、
これがことのほか厄介。

パーキングゲートのボタンが押せないし、
カードが取れないし、支払いができない。

右ハンドルだからだと気づいた。
自分の左ハンドル車だと、うそのように楽。

食事中は、調味料に手が届かないし、
ボトルが重くて自分にしか注げない。

これは、メリットかな。
いや、冗談。

テニスもゴルフも何のスポーツもしない。
つまり身体に悪そうなことは何もしていない。

なのに、50代ももう終わるというこの時期、
何の因果で50肩になってしまったのか。

あと半年ぐらいこんな感じらしい。
やれやれ。

a0022024_15083478.jpg