はからずも今月は天ぷら強化月間になった。
我ながらあきれるが。

〇 一宝 大阪・西区・江戸堀

コースには、一部屋コースと二部屋コースがある。
前菜までは座敷で、そののち移動するのが二部屋コース。

今回は、お誘いいただいて、
二部屋コースでいただいてきた。


a0022024_15245031.jpg

玄関からしてスケールが違う。

a0022024_15252851.jpg

突き出しやお造りをいただく座敷。
画像ではわかりにくいが、庭も美しい。
a0022024_15250257.jpg

落花生豆腐

a0022024_15251265.jpg

a0022024_15252301.jpg

料理も器も秋

a0022024_15254902.jpg

a0022024_15260191.jpg

a0022024_15260666.jpg

a0022024_15261803.jpg

〆のかき揚げ天丼
普通サイズでいただきたかった。





〇 大塩 大阪・北・天六

a0022024_15432658.jpg

a0022024_15270230.jpg

a0022024_15271087.jpg

突き出しは、ポテトサラダと酒盗。
造りの昆布〆がうまかった。

ワインと天ぷら、の看板通り、ワインも充実。
画像は、スペインの発泡酒、カヴァ。

a0022024_15271533.jpg

店の「看板娘」。
海苔とイクラのカナッペ。

a0022024_15272459.jpg

アスパラガスには、パルミジャーノをたっぷり。

a0022024_15273537.jpg

茄子には、プロシュート。

a0022024_15274661.jpg

蓮根、フォアグラにゴルゴンゾーラ

a0022024_15275545.jpg

明太子

a0022024_15280221.jpg

小海老の天バラ丼





〇 佶祥 大阪・北・中崎西

a0022024_15282008.jpg

a0022024_15282554.jpg

言うまでもなく、車エビ
お見せ出来ないが、真ん中はレア。

a0022024_15283174.jpg

鮎、ではなく、北海道の柳葉魚
もちろん、頭からいただく。

a0022024_15283829.jpg

紅入れの中は、海塩、岩塩、炭塩。
後ろは、抹茶塩ではなく、砂時計。

a0022024_15311340.jpg

砂時計は、スモーク時間をはかるため。
中は、カマスの炙り。

a0022024_15322915.jpg

思わずの日本酒。

a0022024_15323510.jpg

a0022024_15324844.jpg

今度は、「天使の海老」。
心なしか車海老より足が長い。

a0022024_15330268.jpg

イカにミョウバンなしのウニ、二種。

a0022024_15332451.jpg

カニ
a0022024_15333195.jpg

茶そば


画像はないが、
シャンパーニュは、ドゥーツとボランジェ。



それぞれに個性的で美味しく楽しい天ぷらだった。
いやあ、奥が深い。

うっかり告白すると、あきれられるが、
月に3日程度なら天ぷらも余裕。

幸か不幸か財布に余裕がないので、
そこまで攻めることもないが、天ぷら、好きかも。




この2月、大阪・西天満に
新しいフランス料理店がオープンした。

a0022024_16380016.jpg

『ルヴニール』
再出発という意味らしい。

以前、この場所には、
別のフランス料理店があった。

オーナーはそのまま、
シェフもスタッフも変わっての再出発。

a0022024_16390308.jpg
アミューズ
a0022024_16392322.jpg


a0022024_16412719.jpg
天草天然車海老
オシェトラキャビア
燻したヨーグルト
ビーツ



a0022024_16414168.jpg
フォアグラ
ホタテ
チリメンキャベツ
ソースペリグー


a0022024_16420510.jpg
ロワール産ホワイトアスパラガス
ソースオランデーズ
赤穂のマテガイ


a0022024_16422792.jpg
ビーフコンソメ
ウニ
人参のフラン
柚子の香り


a0022024_16424710.jpg
マナカツオのロティ
ヴィエノワーズ
シードルビネガーソース


a0022024_16430701.jpg
和歌山産仔猪のパイ包み焼


a0022024_16432889.jpg
紅茶のジュレ
+ソルベシトロン
=レモンティー


a0022024_16433979.jpg
シェリー酒の香るフルーツのグラチネ


a0022024_16431755.jpg
フロマージュ


a0022024_16435315.jpg
ワイン


実は、3月に2回うかがって、
4月にも2回お邪魔してきた。

だが、同じ料理は一つも出ない。
シェフとスタッフの心意気を感じる。

まもなく予約困難店になりそう。



ごちそうさまでした。
とても美味しうございました。




酒に詳しいわけではない。
ただの酒好きで、酒飲み。

最近、思うことがある。
上質な地酒がものすごく多い。

以前は流通しなかっただけで、
醸造の技は伝えられていたのか。

私の個人的な感想では、
精米歩合は、あまり関係ない気がする。

とりあえず、純米酒が好き。
とりあえず、ここは譲れない。

米を磨きに磨く大吟醸だから旨い、
というわけでもないように思う。

そのせいか、最近の上質な日本酒の中には、
精米歩合の記載のないものも増えた。

一方、酒造米や杜氏の名前は、
誇らしげに載せられていたりもする。

つまりは、酵母と醸造技術が大切、
ということなのだろう。

と言うあたりまでは考えるのだが、
この先は、ご機嫌になっておしまい。

お気楽な酒飲みの話である。

a0022024_01385191.jpg
ある日の日本酒。
京・竹屋町『三多』さんで。



a0022024_02063637.jpg
関係者には申し訳ないが、
ケース画像だけなら手に取らなかった。

たまたまトレーラーを見て固まった。
音楽がパイプオルガンだった。

で、ほとんど衝動買い。

いわゆるSF。
惑星間航行や多次元空間がテーマ。

その科学的考証の精度はわからないが、
文系の私には、破たんのない世界観だと思えた。

のちに知ったのだが、この映画から
天文物理学の学術論文も書かれたという。

マット・デイモンが脇役だが重要なキャラを演じる。
その役名がヒュー・マンというのは皮肉か洒落か。

全編を通じて音楽が効果的に使われていて、
重要な場面は、ほとんどパイプオルガン。

キース・ジャレットの『讃歌』を思い出す。
宇宙の深淵を歌う音楽、とでも言えようか。

おすすめ。




a0022024_01030677.jpg
カーナビを使っていて気付いたのだが、
地図上には、とにかく寺社が多い。

「近くの施設」をピックアップすると、
神社だけでもぞろぞろ出てきた。

ドライブが趣味のひとつだが、
神社めぐりもしてみたくなった。

で、丹波の兵主神社(ひょうずじんじゃ)。
徳川家光の乳母、春日局で知られた春日町にある。

創建は、天平18年(746年)というから、
1400年近い歴史がある。
a0022024_01023861.jpg
鳥居の額「兵主社」は、文化11年(1814年)、
時の内大臣、近衛基前の揮毫による寄進。

a0022024_01035162.jpg
鎮守の杜には巨木が多く、
夏の昼でも仄暗く涼しい。

a0022024_01043400.jpg
エノキが生えているのか、
タマムシも居た。

a0022024_01205879.jpg
すぐ隣は、県立氷上(ひかみ)高校。
行き交う生徒たちは、みな挨拶してくれる。

とても気持ちがいい。
告白すると、「ガチャめし」の流れで訪ねた。

でも、ふらりと訪ねた神社の歴史と存在感に圧倒された。
不信心な私だが、神社めぐりにはまりそうだ。

そろそろ、そういうお年頃ということか。