カテゴリ:映画・DVD( 59 )

a0022024_02063637.jpg
関係者には申し訳ないが、
ケース画像だけなら手に取らなかった。

たまたまトレーラーを見て固まった。
音楽がパイプオルガンだった。

で、ほとんど衝動買い。

いわゆるSF。
惑星間航行や多次元空間がテーマ。

その科学的考証の精度はわからないが、
文系の私には、破たんのない世界観だと思えた。

のちに知ったのだが、この映画から
天文物理学の学術論文も書かれたという。

マット・デイモンが脇役だが重要なキャラを演じる。
その役名がヒュー・マンというのは皮肉か洒落か。

全編を通じて音楽が効果的に使われていて、
重要な場面は、ほとんどパイプオルガン。

キース・ジャレットの『讃歌』を思い出す。
宇宙の深淵を歌う音楽、とでも言えようか。

おすすめ。




AIがプロ棋士たちに勝つ時代になった。
まだまだ強く、賢くなるだろう。

では、その先には何があるのか。
シドニアの騎士』で思い出した。
a0022024_23351084.jpg
『攻殻機動隊』の登場キャラ、『タチコマ』。
AI自らが判断する「思考戦車」という位置づけ。

シリーズを通して、AIの思考が発展し、
「意識」を持つのでは、というテーマがある。

警察組織の命令系統にあって、
それはプログラム通りなのかもしれない。

しかし、ストーリーの後半では、
そこに「自己犠牲」や「愛」が見え隠れする。

そこでは、「ゴースト(魂)」という言葉で、
「自我」や「心」にあたる概念が語られる。

で、『シドニアの騎士』だ。
未知の生命体に捕食された星白閑(ほしじろしずか)。

ところが生命体、エナ(胞衣)は閑をコピーした。
そこに閑の記憶や意識は再現されるのか。

12話まででは、それは、否定されている。
しかし、どうだろうか。

捕食したものの遺伝子を再現できるという設定なら、
意識や自我の再現の可能性も否定できないのではないか。

AIが知識や情報を並列化したさきに何があるのか。
そこに「自我」が生まれるのか。

『2001年宇宙の旅』『ターミネーター』など、
自我が「生まれる」という仮定のSFはおおむね悲劇だ。

しかし、明るい未来が期待できないことこそ悲しい。
AIともうまく付き合っていきたいものだ。

とりあえず、私の老後の介護とか。
よろしくね。












a0022024_22510108.jpg
若い友人が教えてくれたアニメ。
今回も逆輸入盤で手に入れた。

サブカルの師匠と呼ぶ若い友人が、
私には多く居てくれてありがたい。

ガンダム、マクロス、エヴァンゲリオン、
といった作品の延長線上にあると感じた。

が、凝った世界観やストーリー展開、
魅力的なキャラクターたちに圧倒された。

『攻殻機動隊』がお好きなら大丈夫です。
そう紹介されたが、確かに大丈夫だった。

独特の世界観に慣れる前に全作を見た。
もう一度、じっくり見たいと思う。

そういえば、ストーリーの後半では、
よく、公安九課の声が聞こえてきた。

「エナ星白」のフィギュア(¥2330)に
実は、心が動いていたりもする。

やれやれ。



a0022024_20451998.jpg
イギリスの名優、ケネス・ブラナーが監督した、
1991年のアメリカ映画。

ざっくりいうと、時空を超えた、
ロマンティックサスペンス。

監督自らが主演も務め、
ヒロインもイギリスの名優、エマ・トンプソンが演じる。

苦手な分野だったが、ストーリーに破たんもなく、
どんでん返しも伏線もお見事だった。

楽しめた。ただ、なあ。
あの作品の印象が強すぎて。

つまりは、あの作品のキャスティングが、
あまりにも素晴らしかったということだろう。

いや、かの『ハリーポッター』シリーズだ。
どうしても、あの登場人物たちが浮かんでしまう。

この作品で時空を超えたロマンスを演じるのは、
ギルデロイ・ロックハートとトレローニ先生。

そういえば、エマ・ワトソンも
もうしばらく引きずるかもしれないな。

彼女もどうしても、ハーマイオニー。
『美女と野獣』は、まだ見てないし。

a0022024_20570860.jpg



a0022024_14542113.jpg


2012年のフランス映画。
原題は、"Popuraire" (タイプライターの機種名。)

諸般の事情で禁欲的な1年を過ごしたため、
映画、DVDも取りつかれたように見ている。

1950年代後半から60年代の
フランスの片田舎が舞台となる。

タイピストとその雇い主が、
タイプの世界大会を目指す。

一言でいえば、「スポ根ラブコメディー」。
いや、楽しくて、しゃれていて、いいなあ。

町並みはもちろん、ファッションも小道具も、
全く手抜きがない。

今や博物館にしかない手動タイプライターを集め、
塗装をし直してまでそろえたという。

要所要所で流れるアンダーソンの音楽もいい。
といっても例の『タイプライター』ではない。



"Forgotten Dreams"だ。
「古き良き」という言葉がとてもよく似合う。

USJではアンダーソンがよく流れていて、
古き良きアメリカの演出に成功している。

この映画でもぴったりとはまる。
世界が幸福だったころの音楽だ。

物語の中で恋に不器用な二人が出会い、
しゃれた言葉のやり取りが重ねられる。

時にはいさかいもあるが、最後には、
めでたく結ばれ、アメリカの友人がきめ台詞。

アメリカ人はビジネスをフランス人には恋を。


勝手にしてくれ。


参考まで『タイプライター』の動画も。


"Leroy Anderson"
http://hirorin330.exblog.jp/2060518/
30年ぶりくらいで映画館で映画を見た。
映画館というか、いわゆる「シネコン」。

最後に見たのは、『ラストエンペラー』。
エンディングでは、涙が流れて困ったっけ。

再挑戦のきっかけはいくつかある。
気が付けば割引対象だったのも大きい。

いや、性転換はしていない。
馬齢を重ねただけ。

しかも、だ。
ネットで座席位置まで予約できる。

結論から言うと、ありだな、これ。
映画館を見直した。

ただ、残念なことにエンドクレジットを見ない客は、
相も変わらず、多かった。

ネタバレはしないが、お知らせしよう。
この映画、エンドクレジットの後も大事。

a0022024_17285318.jpg

原題は”Night Train to Lisbon” ただし、鉄分はあまりない。

『ダイハード3』でにくったらしい悪役「サイモン」だったジェレミー・アイアンズが、
パッとしないが誠実な高校の歴史教師役で主人公を演じる。

たぶんヒロインは、『マーサの幸せのレシピ』のマルティナ・ゲデック(しかも眼鏡技師の役)。

ほかに『ヒトラー最後の12日』で「ヒトラー」役が妙にはまったブルーノ・ガンツ、
老いてますます大活躍のクリストファー・リーやシャーロット・ランプリングがわきを固める。

その列車に乗るのか?で始まり、その列車に乗るのか?で終わる。
リスボンに行きたくなった。

http://lisbon-movie.com/


a0022024_21591178.jpg


倅1号が、強く推したアニメ、
『サマーウォーズ』

そのテーマ曲が山下達郎だった。
やはり、高気圧ミュージシャンなのか。

で、先日、伯母がなくなった。
母の姉、大正生まれで91歳の誕生日に。

ちなみに、母は72歳で亡くなったが、
祖母は105歳、曾祖母も90歳の長命だった。

小さな家族葬だったが、
親戚一同が集まる機会は珍しい。

大家族でもないが、3世代集まると、
さすがにそれなりの人数にもなる。

倅が言うに、サマーウォーズのような大家族って、
結構いいなと思ったけど、ウチもそうだったんだ。

ふと、思った。私は、
親戚一同をつなぐような老い方ができるだろうか。

まだまだ洟垂れだが、
人生の目標が、一つできたような気がする。
この作品は、
誰に向けられているのだろう。

全7枚のDVDを見終え、
さらに見直している。

20年前、断片的に見たとき直感した、
只者ではない感じは、間違っていなかった。

ロボットアニメでもアクションものでも、
SFですら、ないかもしれない。

では、なにか。

a0022024_12302487.jpg


この、愛らしく、
いたいけな少女に騙されてはいけない。

回を重ねるごとに、
深く、重く、残酷に、心に響く。

子供たちの自立と再生の物語でもあるが、
生命論か、記号論か。

いや、どれも、すべてではない。
一番近いのは、哲学だ。

とんでもない作品に出会ってしまった。




私の精神も、

しばらく、

沈潜することになるだろう。
a0022024_2025063.jpg


いまさらだが、エヴァンゲリオン。
だって、舞台は、2015年だし。

いや、そういうわけでもない。
ずっと気にはなっていたのだ。

汎用人型決戦兵器、などという、
旧帝国陸軍もびっくりな呼称。

しかし、その外観は、鉄人28号から始まる、
日本のロボットアニメのどれとも似ていない。

洗練されているのだ。
操縦方法もユニーク。

鉄人28号やジャイアントロボのように
操縦器を使った、リモコン式ではない。

マジンガーZやガンダムに見られる、
合体型とも少し似ているが、違う。

さらに、登場人物が、妙に魅力的。
ミステリアスあり、ヘタレありの中学2年生。

一人の少女などは、ドイツ語を話す。
カタカナ発音ではあったが、驚いた。

脇を固める大人たちもまた個性的。
いや、なんといっても世界観が画期的。

セカンドインパクト、使徒、第3新東京市、
ストーリーについていくのが大変。

活躍する組織がNerv(ネルフ:神経)、
Seele(ゼーレ:魂)と、ドイツ語なのも気になる。

そう、興味はしっかりあったのだが、
断片的に見てもよくわからない。

なぜ、夢中になれなかったかは、明白。
震災の年、オウム事件の年だったから。

破壊される都市は、見たくなかったし、
中学生が苦しむストーリーも辛かった。

それでも、印象には残り続けていた。
いつかちゃんと見たいと思っていた。

時は満ちたが財布は満ちなかったある日、
ネットで格安の海外逆輸入版を発見した。

吹き替え、字幕が、解説が、フランス語。
オリジナルの日本語音声はあるようだ。

コンパクトなケースに収められているが、
どうしてこれで、DVD7枚セット。

どうやら、初代テレビ放映版全作らしい。
ありがたやありがたや。

こうして、夜更かしの元が、また一つ。
「周回遅れ」にもほどがある、自分だ。