カテゴリ:美食( 474 )



はからずも今月は天ぷら強化月間になった。
我ながらあきれるが。

〇 一宝 大阪・西区・江戸堀

コースには、一部屋コースと二部屋コースがある。
前菜までは座敷で、そののち移動するのが二部屋コース。

今回は、お誘いいただいて、
二部屋コースでいただいてきた。


a0022024_15245031.jpg

玄関からしてスケールが違う。

a0022024_15252851.jpg

突き出しやお造りをいただく座敷。
画像ではわかりにくいが、庭も美しい。
a0022024_15250257.jpg

落花生豆腐

a0022024_15251265.jpg

a0022024_15252301.jpg

料理も器も秋

a0022024_15254902.jpg

a0022024_15260191.jpg

a0022024_15260666.jpg

a0022024_15261803.jpg

〆のかき揚げ天丼
普通サイズでいただきたかった。





〇 大塩 大阪・北・天六

a0022024_15432658.jpg

a0022024_15270230.jpg

a0022024_15271087.jpg

突き出しは、ポテトサラダと酒盗。
造りの昆布〆がうまかった。

ワインと天ぷら、の看板通り、ワインも充実。
画像は、スペインの発泡酒、カヴァ。

a0022024_15271533.jpg

店の「看板娘」。
海苔とイクラのカナッペ。

a0022024_15272459.jpg

アスパラガスには、パルミジャーノをたっぷり。

a0022024_15273537.jpg

茄子には、プロシュート。

a0022024_15274661.jpg

蓮根、フォアグラにゴルゴンゾーラ

a0022024_15275545.jpg

明太子

a0022024_15280221.jpg

小海老の天バラ丼





〇 佶祥 大阪・北・中崎西

a0022024_15282008.jpg

a0022024_15282554.jpg

言うまでもなく、車エビ
お見せ出来ないが、真ん中はレア。

a0022024_15283174.jpg

鮎、ではなく、北海道の柳葉魚
もちろん、頭からいただく。

a0022024_15283829.jpg

紅入れの中は、海塩、岩塩、炭塩。
後ろは、抹茶塩ではなく、砂時計。

a0022024_15311340.jpg

砂時計は、スモーク時間をはかるため。
中は、カマスの炙り。

a0022024_15322915.jpg

思わずの日本酒。

a0022024_15323510.jpg

a0022024_15324844.jpg

今度は、「天使の海老」。
心なしか車海老より足が長い。

a0022024_15330268.jpg

イカにミョウバンなしのウニ、二種。

a0022024_15332451.jpg

カニ
a0022024_15333195.jpg

茶そば


画像はないが、
シャンパーニュは、ドゥーツとボランジェ。



それぞれに個性的で美味しく楽しい天ぷらだった。
いやあ、奥が深い。

うっかり告白すると、あきれられるが、
月に3日程度なら天ぷらも余裕。

幸か不幸か財布に余裕がないので、
そこまで攻めることもないが、天ぷら、好きかも。




この2月、大阪・西天満に
新しいフランス料理店がオープンした。

a0022024_16380016.jpg

『ルヴニール』
再出発という意味らしい。

以前、この場所には、
別のフランス料理店があった。

オーナーはそのまま、
シェフもスタッフも変わっての再出発。

a0022024_16390308.jpg
アミューズ
a0022024_16392322.jpg


a0022024_16412719.jpg
天草天然車海老
オシェトラキャビア
燻したヨーグルト
ビーツ



a0022024_16414168.jpg
フォアグラ
ホタテ
チリメンキャベツ
ソースペリグー


a0022024_16420510.jpg
ロワール産ホワイトアスパラガス
ソースオランデーズ
赤穂のマテガイ


a0022024_16422792.jpg
ビーフコンソメ
ウニ
人参のフラン
柚子の香り


a0022024_16424710.jpg
マナカツオのロティ
ヴィエノワーズ
シードルビネガーソース


a0022024_16430701.jpg
和歌山産仔猪のパイ包み焼


a0022024_16432889.jpg
紅茶のジュレ
+ソルベシトロン
=レモンティー


a0022024_16433979.jpg
シェリー酒の香るフルーツのグラチネ


a0022024_16431755.jpg
フロマージュ


a0022024_16435315.jpg
ワイン


実は、3月に2回うかがって、
4月にも2回お邪魔してきた。

だが、同じ料理は一つも出ない。
シェフとスタッフの心意気を感じる。

まもなく予約困難店になりそう。



ごちそうさまでした。
とても美味しうございました。





出先での昼食予定が狂った。
「隣保で葬儀のため臨時休業します。」

店頭の張り紙にはそうあった。
兵庫県は広い。

で、慌てて調べた。
カーナビに頼った。

少し走れば蕎麦屋さんがある、
らしい。

念のため電話してみた。
ありがたいことに営業していた。
a0022024_16070010.jpg
店について驚いた。
前は、里山で、いわゆる古民家だ。
a0022024_16062835.jpg
もっと驚いたのは、
私たちが席に着くと、暖簾は降ろされた。
a0022024_16104976.jpg
お昼時に滑り込み、セーフ。
ちなみに時計は止まっていました。

で、お蕎麦。

「欲張り三昧」
十割蕎麦に辛味大根がよく合う。

a0022024_16093226.jpg
「鶏せいろ」(鴨汁系)
蕎麦湯も美味しかった。
a0022024_16115902.jpg
待っている間に気になる料理が。
ほかの皆さんが、ご注文なさる。

ご主人にお願いすると、
快く追加注文を受けてもらえた。
a0022024_16125342.jpg
それがこれ、「松葉の天ぷら」。
鶏の胸骨だそうだ。

確かにV字型の骨が松葉を連想させる。
なんとも滋味の深いてんぷら。

しかし、なんといっても一番の驚きは、
ミシュランだろう。

2016年度ピブグルマン掲載店だった。
ミシュラン、恐るべし。

言っちゃあなんだが、
こんなところまで足を延ばしていたとは。


ごちそうさまでした。
美味しいお蕎麦でした。

ところで・・・。

どなたか運転してくれませんか。
次は、お酒もいただきたいと思います。





牛海綿状脳症、ひどい名称だが、
一般に狂牛病として知られている。

そして、クロイツフェルト・ヤコブ病
との関連がクローズアップされた。

その結果、食用牛肉が大きな制限を受けた。
骨ごと供されるTボーンステーキもその一つ。

店頭から姿を消した。
ステーキハウスや焼肉店も大打撃を受けた。

T字型の骨を挟んで、
フィレとサーロインが楽しめるステーキだ。

骨ごとカットされるので普通に500g前後はあるが、
私には、Tボーンステーキに思い出がある。

大学の先輩が一般企業に就職して間もなく退職した。
そんな噂に驚いていると、次の知らせにぶっ飛んだ。

一部上場の大企業辞めて何をしたのかというと、
海上自衛隊幹部候補生学校へ進学したという。

一般大学卒業生に門戸が開かれていることも知らなかったが、
実は、先輩らしいという気もしていた。

思ったより早く(1年)で尉官任官の知らせも届いた。
そして、遊びに来いと誘われ、友人と訪ねた。


歴史を感じさせる重厚な建造物が多かった。
そして、夏の江田島はあまりにも明るかった。

もう時効だと思うから告白するが、
家族として米軍基地も案内してもらった。

私と友人は、夏休み然とした恰好だったが、
先輩は真っ白な制服。

まず玄関で屈強な、私より二回り以上大きな兵士たちが、
とても訓練の行き届いた敬礼で迎えてくれた。

徹底した階級社会やからね、
向こうはいくらごつくても、こちらは将校やから。

先輩は、ちょっと戸惑った私に気付いたのか、
自衛隊や軍といった組織の厳しさを教えてくれた。

そして、シンプルだが上質なダイニングルームで出たのが、
大きなTボーンステーキだった。

米軍食堂は、やっぱりこれでないとね、
とすすめられたが、大きさにビックリ。

結局、というか、もちろん完食したが、
食べたもので人は作られると痛感した。

ステーキは、Tボーンに限る。
それ以来、私のステーキ信条だ。

真っ白な制服を着た日焼けした先輩が眩しかったが、
自衛隊に勧誘されることもなく帰ってきた。


a0022024_20245412.jpg










遠来の友人と『ラッフィナート』へ。
予約困難店だが、年に一度は、うかがいたい。

シェフとは開店前からの友人なのが、少し自慢。
かれこれ十数年の付き合いになるか。

家族の誕生日、旧友との会食、
節目節目でお邪魔している。

一切のブレがない味。
とにかく安心なのだ。

パスタが2~3皿出てくるのもうれしい。
麺食いなもので。

ご馳走さまでした。
大変おいしくいただきました。





料理画像はこちらから
少し前になるが、
久し振りに地元のイタリア料理店へ。

なまじ徒歩圏にあると、
かえって訪れる機会が少ない。

こちらは、オリーブオイルもいろいろ試せるが、
今回は、厳選されたアイティチョークも目玉。

a0022024_00494538.jpg

すすめてもらったワインもドンピシャで、
満ち足りた食事になった。

ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。




More
JR住吉駅から山の手へすぐ。
オシャレな中国料理にお誘いいただいた。

a0022024_20442469.jpg
オジサンは気おくれしそうなほどにオシャレ。
期待に胸が高鳴る。

a0022024_20452470.jpg
前菜

a0022024_20460687.jpg
カニ爪とフカヒレ
a0022024_20462579.jpg
a0022024_20465970.jpg
北京ダック
a0022024_20472495.jpg
酢豚
a0022024_20474976.jpg

a0022024_20481520.jpg
デザート
a0022024_20484033.jpg
お連れいただいた大先輩のご配慮で、
名菜が並ぶ。

めくるめく時間は瞬く間に過ぎた。

ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。



S先生ありがとうございました。
駅名修正しました。




初めてのお店にチャレンジ。
まだ新しいが、ミシュランで☆獲得。

わくわく。

a0022024_1415291.jpg

うに、すりおろし
a0022024_14151950.jpg


a0022024_14153145.jpg

造り 鯛の食べ比べ
〆たて、三日熟成

a0022024_14161338.jpg

そら豆豆腐と蛤


a0022024_14162992.jpg

八寸

a0022024_141646100.jpg

太刀魚

a0022024_1417066.jpg

白子と新キャベツの卵とじ

a0022024_14171782.jpg

じゃこご飯 新牛蒡と
a0022024_14173414.jpg



a0022024_14174621.jpg

柑橘のジュレと苺

a0022024_1418935.jpg

自家製アイスの最中

日本酒

a0022024_14212387.jpg

三諸杉 純米『切辛(せっから)』(奈良)

a0022024_1422111.jpg

日高見 純米辛口 



お客さんの年齢層が若いのに驚いた。
そういう意味で無駄に敷居は高くない。

価格的にもリーズナブル。
若い友人にも安心してすすめられるかも。
a0022024_16155377.jpg


邸宅レストランを名のっているが、
こちらの邸宅は、本物。

阪急東宝グループ総帥、
小林一三氏の元私邸なのだから、本物。

邸宅そのものが、国の登録有形文化財で、
もとは美術館だったというから、本物。

供される料理は、阪急東宝系ホテルで
総料理長を歴任したシェフによる、本物。

まあ、私が言うのもなんだが、
なんちゃって邸宅レストランとは違うのである。


a0022024_16163485.jpg


a0022024_16164341.jpg


a0022024_16173083.jpg


a0022024_16173946.jpg


a0022024_16174993.jpg


a0022024_16241453.jpg


a0022024_16243458.jpg


a0022024_16244435.jpg


a0022024_16245671.jpg


More
京都の『吉兆』さんにお邪魔してきた。
日本人でよかった。

そして、ステーキよりも和食を選ぶ日が、
そう、遠くないような気がしてきた。

a0022024_17181761.jpg


a0022024_17191187.jpg


a0022024_17202350.jpg


a0022024_17203457.jpg


a0022024_17204482.jpg


a0022024_17204923.jpg


a0022024_1721663.jpg


a0022024_17211545.jpg


a0022024_17213141.jpg


a0022024_17214249.jpg


a0022024_17215285.jpg


a0022024_1722215.jpg


More