<   2008年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

a0022024_1823633.jpg

vinofl19162 さまから、コメントでご指摘があったが、
バッハは、コーヒーもワインもビールも好きだったようだ。

教会音楽の大家で、「楽聖」なんて呼ばれることもあるが、
カトリックではないし、決して「聖人」ではなかった、と思う。

いや、「聖人」に祀り上げたい気持ちは、わかる。
が、事実を曲げるのはいただけないし。

バッハには、コーヒーカンタータという世俗カンタータがあるが、
昨今の極東の島国のカフェ以上に先端を走っていたようにも思える。

学生や若い楽団員との付き合いも多かっただろうから、
カフェでコーヒーを飲んだとしても不思議ではない。

タバコも嗜んだようだが、遺品目録の中にパイプは、ない。
嗅ぎタバコ、噛みタバコの類だったのだろうか。

そんな不確実な情報が多い中で、確実な一次史料もある。
『バッハドキュメント』に手紙が残っている。

1748年10月6日付のその手紙では、贈られたと思われる、
樽詰めのワインに対する礼状だ。

そのなかで、揺られて減った上に税金として持っていかれたりで、
わずかしか手元に届かなかったことを惜しむくだりがある。

注意深く品位を保ちつつも、残念さがうかがえる手紙に、
私は、ワインを愛する生身の人間バッハの魅力を感じる。

この時期は、ロ短調ミサが、大ミサとして加筆されていた時期で、
白内障手術の経過が悪く、亡くなる2年前のこと。

執刀したイギリス人眼科医、ジョン・テイラーの記録もあるが、
それは、また、別の機会に。

公文書、手紙、領収書など、『バッハドキュメント』全4巻は、
こうした生きたバッハの姿を浮かび上がらせてくれる。

a0022024_18303090.jpg
いかりスーパーネタも60件を越え、
記事の重複を避けるために過去ログをさかのぼった。

桜のムースは定番だが、
今年の春いちごのコアントローゼリーは「あまおう」を強調していた。

春のふんわりムースは、やはり新顔。
ただし。

去年もこの時期に風邪をひいているではないか。
実は、喉が痛い。春は鬼門か。

昨夜から今朝が症状のピークだったようで、
今は、もう楽にはなっている。

でも、痛いのは事実。
喋るのも億劫。

で、ミスをやらかした。
説明が面倒で、不快感だけを伝えてしまった。
a0022024_18381737.jpg

神戸・三宮に直営店が出来たとかで、わざわざ買って来てくれた。
加齢臭予防だとかで。

いや、わかる。
朝夕にシャワーを欠かさない私でも、いつか老いるだろうことは。

恐ろしいことに、そもそも加齢臭は、
清潔にしていてもにじみ出てくるというし。

が、だ。
それがどうした。

電車内で化粧をする小娘に気を使ってシャワーを浴びているのではない。
自分のために清潔を保っているのだ。

滞欧時代は、いささか凝りもしたが、
今は、美味しくワインを飲むために、コロンの類もつけない。

たまに美味しい店に行くときもそういう心配りをしているつもり。
それでも、やがては老いて、加齢臭をまきちらすようになるのか。

ああ、恐ろしい。
いや、怯える必要はない。

ゴタゴタ言うなら、腹いっぱい焼肉を食べた次の日、
阪急電車の中で551のブタマンを食ってやる。

なんて、憎まれ口を叩く、意地悪爺になるのが目標だ。
もし、長寿を許されるなら、だが。

基本的に極めて健康だが、呼吸器系の弱い私は、喉を痛めやすい。
さらに、バリウムと下剤の痛手から立ち直りきっていない。

いかんなあ。
どんなときでも、ユーモアのセンスと余裕を忘れちゃ。

反省。

今から一月後、阪急神戸線にバラの香りに包まれたナイスなオヤジがいたら、
それは、私だ。
ケンタの期間限定メニュー、金黒ごまの鶏竜田。
今回は、速攻で、そのセットに挑戦。
a0022024_19401542.jpg

セットには、「たけのこ御飯むすび」と
「ふわふわかき卵と野菜のスープ」がつく。

どこかで見たことがある、と思ったら、
モスバーガーのモスチキンのパッケージと同じだった。

点線に沿って包み紙を半分にちぎって手づかみで食べる。
あさましくがっついたので画像はないが。
春は、苺が嬉しい。
いや、理由は、自分でもよくわからないのだが。
a0022024_1743557.jpg

で、チャームのコレクションから、「苺」。
中には、ピクシーが。
a0022024_17441778.jpg

(画像クリックで多少大きな画像が別窓で開きます。)

よく見ると、帽子を被ったピクシーは、結構邪悪な表情。
かわいいだけの「妖精」とは、別の存在らしい。

調べてみると、イギリスには、様々なピクシーの伝承がある。
が、苺との関連がピントこない。

キリスト教が伝わる以前のケルト人の民俗の名残らしいが、
野いちごのなりそうなところに住んでいそうな気もする。

チャームを集めていると、そういった、一種の謎解きも楽しい。
どなたか、由来を御存知でしたら、ご教授いただければ嬉しいです。
毎日のように横を通っているが、久しぶりに立ち寄った。
健康診断受診による絶食から解放されたものだから。

昼間っから、たらふく焼肉を食べて、とどめがアイスクリーム。
良い子にしていたご褒美の定番だ。
a0022024_18302680.jpg

リンゴとシナモンリボンが美味しい、アップル・ア・ラ・モード(左)と、
ラズベリーとホワイトチョコのラブポーションサーティーワン。

アップル・ア・ラ・モードは、「アップルパイとバニラアイス」のイメージそのまま。
名前も恥ずかしいラブポーションはハート型のチョコの中にもラズベリーソース。

体重は、コントロールできていたが、
ウエストで驚愕の値が出たので、2個で踏みとどまった。

食べにくいのを覚悟のうえで、ワッフルボウルで。
いやあ、満足。

ただし、だ。
その後まもなく、バリウムと下剤に苦しんだことを告白せねばなるまい。

次回からは、胃カメラを飲む。
そう固く心に誓った午後だった。
スーツを着て仕事のときは、仕方がないからブリーフケースを持つが、
できれば、手ぶらがいい。

身の回りのものをよく見失う私だが、
考えてみると、普段使いのカバンがなかった。

いかりスーパーのバッグや、その辺の適当な紙袋を使う程度。
Tumi は、気にいっているのだが、いささか大きすぎる。

思い立って探して、いいモノを見つけた。
A4のクリアファイルが入って、軽くてシンプルなショルダーバッグ。
a0022024_17511122.jpg

アメリカはシアトルのトレガー社製。
色は、シアトルグリーンではなく、ブラックを選んだが。

意外と言っては失礼だが、頑丈なストラップがついていて、
a0022024_182390.jpg

ポケットや機能的な工夫がいっぱい。
a0022024_183483.jpg

Tumi と比べると、ふたまわり小さいが、A4が入れば十分だし、
a0022024_18102473.jpg

この軽さと程よい大きさは、魅力。

ネームタグが、ビアホールのコースターのような素材だったり、
ヒモも紙製のこよりだったりもポーズかもしれないが、好感度が高い。

アメリカ製ということで、やや高めの価格かもしれないが、
途上国の安価な労働力に安易に頼らない姿勢も立派だと思う。

財布、携帯、鍵、眼鏡。
書類、CD、メモ、手帖。

全部まとめて面倒見よう。
さすがにこの大きさのカバンは、見失わない、と、いいなあ。
Messe in h-moll (ロ短調ミサ)。
BWV(Bach Werke Verzeichnis:バッハ作品番号)232。

J.S.バッハの遺したミサ曲。
オーケストラと最大8声部の合唱からなる大曲。

教会で演奏されることを目的としていて、
カトリックのミサ典礼にそって作曲されている。

ちなみに、200曲におよぶ教会カンタータを残したバッハだが、
ミサ曲は、12曲。その唯一といえる大ミサ曲。

彼は、敬虔なルター派プロテスタントだが、
それだけでなく、宗教の枠に収まる作品ですらない。

そもそも、バッハは、バロック音楽を完成させたといわれるが、
同時代においては、むしろ取り残されていた感は否めない。

現在、私たちが最初に習う、和声や対位法は、
彼の時代までに確立されたルールといえる。

当時の大家、J.A.ラインケンや、D.ブクステフーデが、
絶賛するまでもなく、それ以前の様式を高め、完成させたのがバッハ。

続くモーツァルトやベートーヴェンは、
そのルールを積極的に破壊し、より自由闊達に「個」を主に置いた。

しかし、この二人の晩年や最期を思うと、
必ずしも聴衆の理解が得られたわけでもなかったが。

最も厳しいルールの中で、可能な限り活躍した最後の音楽家、
それが、バッハだったと思う。

それゆえ、洗練された宮廷では、古臭いと疎まれ、
保守的な教会では、先鋭的過ぎるとしばしば糾弾された。

そのバッハが、宮廷音楽家任官の多少の野心と共に「典礼ミサ」、
という枠組みの中で彼の「世界」を表現したのがこの曲。

当初、ミサ・ブレビス(短いミサ・小ミサ)として作曲されたが、
加筆を重ねて現在の「大ミサ曲」へと発展したようだ。

以下、私なりの理解を何回かに分けて記事にしてみたい。
で、第1曲「キリエ」。

Kyrie eleison. Christe sleison. Kyrie eleison.
この六語で3部20分に及ばんとする大曲。

第1部
Kyrie eleison.(主よ哀れみたまえ)

荘厳な大合唱で始まる第1キリエは、やがて大フーガへと発展する。
これは、全曲を通じての信仰や意志を感じさせる構成だ。

第2部
Christe eleison.(キリストよ哀れみたまえ)

一転して、ソプラノとアルトの両ソロによる、
可憐とさえいえるデュオ。

先立つ弦の旋律も軽やかで、キリエのような悲壮感はない。
春の花畑に舞う少女のような曲。

第3曲
Kyrie eleison.

再び荘重な合唱による大フーガ。
全能の神の救いを求めすがりつくようなポリフォニー。

この3曲だけで、3部形式の完成された楽曲といっていい。
冒頭から圧倒されるスケールの大きさだ。

ためしにネットで検索したら十数万件がヒットした。
超人気曲らしい。

そこへ、いまさら何を語ろうというのか、自分でもわからないが、
私にとっても大切な曲であるのは事実。

しばし、お付き合いいただいて、
聴いてみようかな、とお感じいただければ、幸甚。


グロリアへ続く。



a0022024_1740354.jpg

a0022024_17274497.jpg

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのお土産にいただいた。
いや、私も一応「地元民」なんですけど、ありがとう。

にしても、面白い。
今まで十数回か、もっと遊んでいるが、見たことのないお土産。

新商品の開発に余念がないのか、
私とは、見るところが違うのか。

にしても、面白い。その2。
あの映画を思い出させる、ネーミング。

岩塩一般が、あの時代ごろの遺物であることは、周知なのに、
それでも、「恐竜」と結び付けて想像するきっかけにはなった。

にしても、面白い。その3。
ミネラル豊富、とか聞くと、旨味が増すような気がする。

実際、べたっと塩辛いだけでなく、塩味にコクや深みがある。
もとは、あの時代の、アレとかアレのアレとかだろうけれど。

にしても、面白い。その4。
なんだかよくわからないが、茶色い粒子が入っている。

精製されてない、ということだろうけれど、かえって旨そうな気がする。
あの時代の、アレとかアレのアレかもしれないのに。

にしても、面白い。その5。
私の特技だが、勝手に想像を膨らませてしまった。

海水精製塩で、シーラカンスソルト、なんてどうだろう。
白身の魚によく合いそうではないか。そうでもないか。
a0022024_180655.jpg

海老のいなり寿司に入っている蕗もタケノコに添えられた木の芽も、
実に春だ。

いなり寿司には、以前から疑問があった。
その大きさに。

薄揚げのサイズが、そのまま大きさを左右するのだろうけれど、
一口で食べないと美しくない食べ物なのに、ちと大きすぎないか。

この「春の彩り」にしてもそうだ。
海老もタケノコも噛み切り難いったらない。

ぐにゅっとこぼれ落とさないようにと、一口でほおばる、
と、せっかくの繊細な味がわからないじゃないか。

あ。
Kさんならサクッと包丁を入れてくれるだろうなあ。

ああ。
北新地が、私を呼んでいる。
先日来の懸案であった「ジューシーメンチのナンサンド」。
やっとありついた。
a0022024_17541248.jpg

ナンもミンチカツも旨い。
スタンダードメニューにして欲しいなあ。