トカゲ、そう、もちろんあの台風23号だ。やられた、 やられた その後復旧作業にも書いたが、台風がらみの落雷でいまだに修理が進まないのが、大阪ガス、文化シャッター、ソニーそしてネット環境。指折り数えると復旧したほうが少ない。

大阪ガスはオーブンの電気系統がポシャって買い替え。ガレージのシャッターのリモコンがアウト!で、送・受信機交換。DVDプレーヤーの修理がそろそろのはず。あとケーブルがねえ・・・。まあTVはみられるようになった。問題はネット環境だ。

NECのノートPCで家庭内無線LANのアンテナ内蔵タイプ。こいつがクセモノらしい。ケーブルとの相性とかもヨクナイようだ。まあ、長ぁ~いLANケーブルさえ気にしなきゃADSL並の快適さは帰ってきた。

こうして振り返ると確かにゼイタク装備が多い。DVDプレーヤーなんざ古いのでも見れてるんだが、5.1chに慣れてしまうとフツーのステレオだと物足らなくてイカン。全てこの調子。

雨が降ってるのにクルマから降りてシャッター開けるのヤダ!とか、電子レンジもオーブントースターも生き残っているのに、これから冬だしグラタンくらい大きなオーブンで焼きたい!とか、まあ、わがままといえよう。

が、だ。一度覚えた蜜の味を忘れることは出来ない。

で、だ。保険会社との交渉が待っているかと思うと血が騒ぐ今日この頃である。
東京から友人が来た。酒を飲んだ。ビール・日本酒・焼酎で1次会。続いてシャンパン・ワインで2次会。まあ、よく飲んだ。で、不調度1、「やや不調」 だ。

もちろん彼も私も朝からちゃんと仕事をしている。平日に仕事に差し障るような飲み方は、さすがにしない。が、やや不調。これがなんか不愉快。

一言で言うと頭がまわっていない。アルコールのせいだと思うと情けない。ちょっと反省。
街に出る機会が少ないのでウィンドウショッピングはあまりしない。その代わりにデイリーワインから20回払いの高額商品まで通販での買い物はかなり多い。

よく利用するのは、図書・DVDとワイン。書評に騙されたり、通販らしく、当初、はずしたな、と舌打ちしたことも何回かあったが、最近は「通販の目利き」を自認している。

職場の来客用のクッションを買った。久しぶりの雑貨だ。「お尻に優しいドーナツ型」だとかで、来客用の椅子が硬いという声が頭の隅に残っていたので即決買ってしまった。

それが、微妙なのだ。潔く久々の失敗を宣言してもいいのだが、座っていると、なんかなじんでくるのだ。お尻がキュッと真ん中に集中する感じがイイかもしれない。

コルクがキュッと詰まっている感じが、今年の誕生日にサーベライズで開けてもらったシャンパンの首に似ている。評価はもう少し先にしよう。

a0022024_16231961.jpg

a0022024_16234338.jpg

ストレスもなく同じ学校に永くいるとアホになると思う。私は中学から大学院中退まで13年半同じ学校に通っていた。最後は逃げるように留学したが、居心地がよすぎて、気づくのが少し遅かった。

大阪人が時々犯す誤りに、実力差を確認しようともせず、とりあえず東京には反発しておく、という悪癖がある。そして居心地のよい「大阪」に浸るのだが、恥ずかしながら母校の校風にも通じるものがある。東京ではほとんど無名なのに関西ではなぜか評価も高く大きな顔をしている。恥ずかしい。

週末、日本全国どこでもいい。ホテルの結婚式披露宴をのぞいてみて、校歌と讃美歌を臆面もなく大合唱していたらそれは多分私の後輩たちだ。OBの校歌暗記率日本一と噂されている。作詞の北原白秋、作曲の山田耕筰には悪いが、ホテルでバッタリそういう風景に出くわすとやはりちょっと恥ずかしい。

そんな羞恥心と理性に満ちた私だが、夏が終わるとソワソワしだす。インプリンティング(刷り込み)とは恐ろしい。アメリカンフットボールのシーズン到来だ。

思えば30余年前、ルールもろくに知らぬ中学部時代、初めて公式戦を見たときに完全に刷り込まれてしまったようだ。常勝軍団の白と青の雄姿に加え、やはり全国大会で金賞常連の吹奏楽部の演奏、そしてとどめは万単位の同窓生が自分がまだ覚えたばかりの校歌を大合唱するのだ。洗脳といってもいいかもしれない。

武張った刷り込みばかりではない。印象深いのは爺さんたちだ。おそらくは周りの若い後輩たちを意識してのことだろうが、とにかくダンディーなのだ。懐からさりげなく上質感あるフラスコを取り出してウィスキーを飲む姿、タッチダウンのたびに周囲のおそらくは初対面の同窓と静かに握手する姿、そして校歌も応援歌も高らかに歌う姿。全てが絵になっていた。中学生の私があんな爺さんになりたいと思った。

現役と爺さんのほぼ中間点にいて、無批判な愛校心に鼻白む思いの私だが、機会を見つけてはスクールリングをはめたりする。やはりインプリンティングは恐ろしい。

a0022024_11463823.jpg


a0022024_11471826.jpg

一般人が日常するには勇気のいるリング。


インプリンティング ふたたび
ある 刷り込み
イケナイことをしてしまった。昨日、夕食時にもたっぷりワインを楽しんだのに、日付が変わってからワインをさらに1本空けてしまったのだ。だってブルスケッタが美味しかったから。

私は結構マメである。風呂上りにガーリックトーストを焼いたり、タマネギやトマトのみじん切りを刻むことも苦にならない。しかも昨夜は確信犯だった。

夕方、私の職場に電話が3本と来客が1件あった。母校のアメリカンフットボール部が、事実上の決勝戦を30-28の僅差で勝利したからだ。うぅ。感染、否、観戦したかった。

マイナーなスポーツだから試合中継はケーブルTVだけで、地上波の試合録画も放送は深夜。で、それにあわせてイソイソと準備するのだ。

タマネギ、トマト、バジルを刻み、塩少々、黒胡椒をガリゴリ、そこへバルサミコとオリーブオイルをテキトーにたらして出来上がり。バターとにんにくをこすり付けて焼いたバゲットに乗せていただきます。

初めて知ったレシピは赤ワインビネガーを使うようになっていたが、ワインのアテとしては酢が強すぎるので、マイルドなバルサミコを使っている。美味♪

でも、今朝起きるなり体重計に乗った私って小市民?