タグ:おもちゃ ( 133 ) タグの人気記事

AIがプロ棋士たちに勝つ時代になった。
まだまだ強く、賢くなるだろう。

では、その先には何があるのか。
シドニアの騎士』で思い出した。
a0022024_23351084.jpg
『攻殻機動隊』の登場キャラ、『タチコマ』。
AI自らが判断する「思考戦車」という位置づけ。

シリーズを通して、AIの思考が発展し、
「意識」を持つのでは、というテーマがある。

警察組織の命令系統にあって、
それはプログラム通りなのかもしれない。

しかし、ストーリーの後半では、
そこに「自己犠牲」や「愛」が見え隠れする。

そこでは、「ゴースト(魂)」という言葉で、
「自我」や「心」にあたる概念が語られる。

で、『シドニアの騎士』だ。
未知の生命体に捕食された星白閑(ほしじろしずか)。

ところが生命体、エナ(胞衣)は閑をコピーした。
そこに閑の記憶や意識は再現されるのか。

12話まででは、それは、否定されている。
しかし、どうだろうか。

捕食したものの遺伝子を再現できるという設定なら、
意識や自我の再現の可能性も否定できないのではないか。

AIが知識や情報を並列化したさきに何があるのか。
そこに「自我」が生まれるのか。

『2001年宇宙の旅』『ターミネーター』など、
自我が「生まれる」という仮定のSFはおおむね悲劇だ。

しかし、明るい未来が期待できないことこそ悲しい。
AIともうまく付き合っていきたいものだ。

とりあえず、私の老後の介護とか。
よろしくね。












a0022024_16213606.jpg
ゴディヴァのチョコレート、
って、思うやんか、普通。

a0022024_16215333.jpg
キャンドルなんよ、
実は。

a0022024_16220840.jpg
よく見ると、確かに箱に記載されている。
やられた。やるな、ゴディヴァ。

きっと、チョコレートの香りなんだろうな、
火をともすと。

知らんけど。




鳥獣戯画が好きだ。
今更私などが語る必要もない国宝。

レプリカ画集や扇子も持っている。
そこかしこにフィギュアも見かける。

ただ、原画の躍動感まで再現するのは、
やはり、相当に困難なようだ。

なので、なんとなくだが、
フィギュアには食指は動かなかった。

a0022024_17395261.jpg


それが、今回は、衝動大人買い。
オリジナルとは言いにくいのに。

フィギュアの再現性にくわえて、
コップ周辺での存在感が、いい。

だからどうした、といわれると困る。
困るのだが、好きだから仕方がない。

と、開きなおるしかないオッサンである。
a0022024_21191189.jpg

オルゴール博物館のショップで目があった。
一目ぼれ。

久し振りに「おもちゃ」の記事が増えた。
好きなんだよなあ。

ノイシュヴァンシュタインを思わせる城と
シンデレラを思い出させる馬車。

そうそう、オルゴールの曲は、
チャイコフスキーの『花のワルツ』



実は、これによく似たオルゴールが、家にある。
もう、30年近くになるだろうか。

ドームに守られた樹脂製なので、
いまでも、経年劣化は気にならない。

今回のお城と馬車は、木製。
30年後、どうなっているか楽しみ。

まあ、生存している確率は低いのだが。
先日、六甲オルゴール博物館へ行った。
そこで見たオルゴールで思い出した。

家にもあった。
懐かしく、ちょっと恥ずかしいオルゴール。

a0022024_1347444.jpg


もう、30年近く前になるだろうか。
どこで手に入れたかの記憶も定かではない。

本箱の上にずっと置いてあった。
その本箱は、トイレにあった。

なので、毎日、目に触れていた。
時が流れ、毎日の風景に溶け込んでいた。

存在を意識しないまでになっていた。
それが、呼び起された。

小さいものが好き。
音楽が好き。

この小さなオルゴールで、
あらためて思った。


30分ほど時間ができた。
と、懐かしいゲーセンの前を通りかかった。

覗いてみると、噂通り、ご老人が多い。
でも、にぎやかさは変わらない。

と、クレーンゲームに『艦コレ』フィギュア発見。
しかも、『摩耶』たんだ。

六甲連山の一つ、仏母マーヤから名づけられた、
摩耶山に由来する重巡洋艦のキャラクター。

旧帝国海軍の重巡洋艦は山名から名づけられた。
高尾型巡洋艦の4番艦。

特に詳しくも、思い入れもないのだが、
『火垂るの墓』の主人公の父が乗艦という設定。

なんといっても地元の山なので、
ほかの艦より、親しみを感じる。

a0022024_1523851.jpg


で、速攻、チャレンジして、400円でゲット。
ひもをカットして景品を落とすスタイルだった。

係のお兄さんにコツを聞いて、
あとは、昔取った杵柄ってヤツで。

a0022024_1525837.jpg


箱を開けると、愛らしいフィギュアが出てきた。
2連装の主砲もきれいに再現されている。

a0022024_1532593.jpg


セミナーの景気づけには、もってこい。
ただし、あまりそこかしこで話せはしないな。

こういう趣味もあったということは。
a0022024_2346248.jpg


もらった。

a0022024_23471333.jpg


元気ですか、ウッチー。

a0022024_23473369.jpg


調子はどうですか。

a0022024_23483598.jpg


応援してます。
スター・ウォーズが、好き。
まあ、そこそこ、好き。

で、映画に登場する乗り物も集めたし、
ベーダー卿の被り物もあった。

a0022024_18201468.jpg


驚くべきことに、母校のクリアファイルにも、
しっかり登場している。

そのスター・ウォーズ、
あと一月ほどで新作が上映されるらしい。

そこかしこでタイアップもしているし、
予告編も流れ始めている。

でも、驚いたのは、こちら。
新作に登場する新しいキャラクター。

a0022024_18212648.jpg


「BB-8」というドロイド、
まあ、優秀なロボットだ。

キャラ的に言うと、
R2-D2の後継機種だろうか。

a0022024_18215881.jpg


映画ではCGかと思っていたが、
早速、市販されているのが、凄い。

a0022024_18221943.jpg


紹介動画を一目見て、衝動買い。
いや、ウチの娘たちが喜ぶと思って。

これって、こういうのもなんだが、
ロボモップ」の進化系ではないか。

もちろん、異次元へと進化している。
実に良く出来ている。

a0022024_18274251.jpg


スマホでコントロールする。
操縦は多少コツがいるが、すぐ慣れる。

a0022024_18275590.jpg


スケール的にはだいぶ小さいが、
猫たちにはちょうどいい大きさだろう。

それにしても、最近の玩具は、
Bluetoothまで活用する。

おじさんにはハードルが高い。
が、結論を言うと、私も喜んだ。

まあ、そういうことだ。


ドロイドが走る!ネコは逃げる!
追い詰められたシャル&ピノの運命は?!

全家が笑った!
感動の超大作!

“BB-8 vs Char & Pinot”
邦題『シャル&ピノ、危機一髪』

近日公開予定!
乞う!ご期待!

実際は、BB-8が、たたきのめされるだろうな。
ネコパンチで。


所要で名古屋へ出かけた妻と末っ子が、
お土産だと言って私にくれたのがこれ。

a0022024_063621.jpg


ペンギンのぬいぐるみ。

へ。
力が抜けた。

時間があったので名古屋港水族館へ行って、
そこで買ったという。

我が家はみんな水族館が好き。
いいなあ、ボクも行きたかった。

いや、そうじゃない。
なぜに、ペンギンのぬいぐるみ。

しかも、こう言ってはなんだが、
名古屋港水族館オリジナルでもない。

妻が哄笑する。
妻が壊れた。

と、どうだ。
ペンギンも哄笑するではないか。

哄笑の連鎖。
エンドレス哄笑。

相当に喧しい。
破壊力絶大。

こえマネ『ペンちゃん』、
体内に録音再生機能があるらしい。

しかも、だ。
声が「高速再生」っぽく加工される。

こ、これは、あ、あれではないか。
フォーク・クルセイダーズ。

しばし、みんなで哄笑の連鎖を楽しんだ。
ああ、しんどかった。



公私ともに忙しく、ご無沙汰だった。
いや、ブログ記事。

a0022024_21371111.jpg


そろそろ復帰しよう。
頼まれてもいないが。

まずは、こちら。
動クロック。

a0022024_21373259.jpg


大阪市営地下鉄御堂筋線30000系
鉄道模型としては、ここでは、触れない。

基本は、アラームクロック。
要するに目覚まし時計。

ただし、止めるまで逃げ回る。
そういう場所があれば、だが。

ちなみに、私の枕元にはない。
なので、即、止める。

もう一つの特徴が泣かせる。
サウンドギミック。

つまりは、目覚ましの「音色」。
3種類ある。

電車の警笛音と発車音
ホームの電車接近音
出発指示合図音

どれも、御堂筋線の駅でおなじみ。
それらを枕元で聞くことができる。

問題は、それがうれしいという人が、
どれくらいいるか、だが。