タグ:スペインワイン ( 52 ) タグの人気記事



はからずも今月は天ぷら強化月間になった。
我ながらあきれるが。

〇 一宝 大阪・西区・江戸堀

コースには、一部屋コースと二部屋コースがある。
前菜までは座敷で、そののち移動するのが二部屋コース。

今回は、お誘いいただいて、
二部屋コースでいただいてきた。


a0022024_15245031.jpg

玄関からしてスケールが違う。

a0022024_15252851.jpg

突き出しやお造りをいただく座敷。
画像ではわかりにくいが、庭も美しい。
a0022024_15250257.jpg

落花生豆腐

a0022024_15251265.jpg

a0022024_15252301.jpg

料理も器も秋

a0022024_15254902.jpg

a0022024_15260191.jpg

a0022024_15260666.jpg

a0022024_15261803.jpg

〆のかき揚げ天丼
普通サイズでいただきたかった。





〇 大塩 大阪・北・天六

a0022024_15432658.jpg

a0022024_15270230.jpg

a0022024_15271087.jpg

突き出しは、ポテトサラダと酒盗。
造りの昆布〆がうまかった。

ワインと天ぷら、の看板通り、ワインも充実。
画像は、スペインの発泡酒、カヴァ。

a0022024_15271533.jpg

店の「看板娘」。
海苔とイクラのカナッペ。

a0022024_15272459.jpg

アスパラガスには、パルミジャーノをたっぷり。

a0022024_15273537.jpg

茄子には、プロシュート。

a0022024_15274661.jpg

蓮根、フォアグラにゴルゴンゾーラ

a0022024_15275545.jpg

明太子

a0022024_15280221.jpg

小海老の天バラ丼





〇 佶祥 大阪・北・中崎西

a0022024_15282008.jpg

a0022024_15282554.jpg

言うまでもなく、車エビ
お見せ出来ないが、真ん中はレア。

a0022024_15283174.jpg

鮎、ではなく、北海道の柳葉魚
もちろん、頭からいただく。

a0022024_15283829.jpg

紅入れの中は、海塩、岩塩、炭塩。
後ろは、抹茶塩ではなく、砂時計。

a0022024_15311340.jpg

砂時計は、スモーク時間をはかるため。
中は、カマスの炙り。

a0022024_15322915.jpg

思わずの日本酒。

a0022024_15323510.jpg

a0022024_15324844.jpg

今度は、「天使の海老」。
心なしか車海老より足が長い。

a0022024_15330268.jpg

イカにミョウバンなしのウニ、二種。

a0022024_15332451.jpg

カニ
a0022024_15333195.jpg

茶そば


画像はないが、
シャンパーニュは、ドゥーツとボランジェ。



それぞれに個性的で美味しく楽しい天ぷらだった。
いやあ、奥が深い。

うっかり告白すると、あきれられるが、
月に3日程度なら天ぷらも余裕。

幸か不幸か財布に余裕がないので、
そこまで攻めることもないが、天ぷら、好きかも。




ヴェガ・アドリアーナ
アドリア(海)のヴェガ(こと座の一等星)か。

先日、見つけ出したワインの一本。
開けてみた。

コルクは、朽ちていたが、液漏れなし。
カビもほぼなし。

期待は膨らむ。

だが、コルクは、ボロボロ。
久しぶりにストレーナーを使った。

a0022024_17776.jpg


赤にしてはアルコール度数は低め。
それでも、澱は、いっぱい。

おそるおそる、口に含む。

美味しい。
素直にそう思った。

過度に期待できないが、意外に大丈夫。
そうアドバイスしてくれた、プロの言葉通り。

デキャンタにうつした。
明日、開いたところを楽しもうと思う。
a0022024_391852.jpg


実家を発掘しては、お宝をくすねてきたが、
足元にもお宝があったのは、驚き。

お宝と言っても、たかが知れているが、
タグまで作るほどだった。

先日、秘密基地のキッチンを片付けていて、
空のワインケースが、一つだけ重いのに気付いた。

なんだと。
空箱ではないのか。

驚くやら、うれしいやら。
でも、冷静になって、青ざめた。

どう考えても、保存状態がよくない。
これは、今でもワインだろうか。

a0022024_310680.jpg


ざっと、数年は放置プレイ。
見向きもしなかった。

a0022024_3102241.jpg


立派な木箱に網タイツのスペインワイン。
ヴィンテージもそこそこ。

ごめん。忘れていた。
同じものを二つ買って、寝かせていたつもりだった。

a0022024_3104619.jpg


無事ならば、お宝間違いなし。
こいつは春から縁起がいい、のか。

いや、違うな。
自分で買ったのに、忘れていただけだ。

それでもうれしい、
酔っ払いの悲しい性であることだよ。
何度かいただいてきた、カ・セントさん。
ミシュランのせいで予約困難になった。

と、常連さんのお誘い。
乗らぬわけにはいかぬ。

改装と新しいソムリエールのセンスで、
明らかに進化している、との評判。

シェフの料理は、変わらずテッパンだが、
確かに、ワインの提案が素晴らしかった。

今回のエントリーでは、
動画もアップしてみた。


牡蠣



サラダ




美味しく、楽しく、夜が更けて、
阪急の最終を乗り過ごした。

でも、大丈夫。
JRは阪急の最終後、2本も東に向かう。


Kさん、Kさん、I先生、ありがとうございました。

Fシェフ、ソムリエールのKさん、
大変おいしくいただきました。

料理画像
a0022024_2274463.jpg


生粋の文系なので、Πの意味が分からない。
いや、スパコンに計算させる意味が。

永遠に循環しない無理数、でよくないか。
よくないのだろうな、理系の皆さんにとっては。

3.14を無理やり3で計算した世代もある。
私でも無茶だと思うが、それが、ゆとり世代。

朝令暮改よろしく、3.14に戻ったが、
ゆとり世代の長期の追跡調査が待たれる、知らんけど。

注:知らんけど。
大見え切った後で免責になる便利な関西弁。

で、「π」だ。
なんと、スペインワインの名前。

ボトルには、何ケタまでか知らないが、
数字が列挙される。

そもそも、3.141592653589・・・
その先の検証ができる酔っぱらいはいない。

にしても、なぜ、π。
答えは簡単。

丹精込めたブドウ畑の面積が、3.14h
なんとも文系的発想。

結論から言うと、美味い。
私好みのテンプラニーリョ系のコンセホン種。

ただ、なあ。
ボトルを眺めると、酔いが回りそうだ。

それはそれでいいのだが。
まとまった現金を動かすことになり、
久しぶりに銀行へ出かけた。

私は、銀行とは相性がとても悪く、
一つの用件で何度も足を運ぶのが普通。

それでも、学習能力はなくもないので、
必要書類を整え、勇んで出かけた。

私の職場からその銀行まで、
距離にして200メートルほど。

途中、お寺が4つもある。
そのうちの一つは、私の出た幼稚園。

私の幼稚園時代というと、
50年、つまり、半世紀前の話。

街並みは変わって、私が変貌を遂げても
お寺の佇まいは、変わらない。

で、まあ、とにかく、銀行に着いた。
書類も整っていて、ここまでは順調。

銀行届印も運転免許もある。
と、意外な落とし穴が。

カードの暗証番号が必要だという。
本人確認のためだそうだ。

アッハ、マイン、ゴット、である。
どころか、シャイセ、でさえある。

頭のいい悪い奴がいると、
頭のよくない善人は苦労する。

結局3度目の入力で、ようやく、
私を私と認めてくださった。

暗証番号の記憶があいまいだったのは、
無理やり変えさせられたから。

それとて、頭のいい悪人のせいで、
あほな善人が苦労しているのだ。

それにしても、顔写真つきの
国家が認めた免許証の信用度の低さよ。

なんという世の中だろう。
頭のいい悪人なんて、大嫌いだ。

そう、つぶやきながらの帰路、
50年前に通った幼稚園の前で見つけた。

a0022024_22445580.jpg


なんとも、魅力的な、樽。
吸い寄せられるように、路地に入った。

路地と言っても、50年前と違って、
クルマがすれ違える道幅だ。

a0022024_22452492.jpg


と、まもなく目に入ったのが、こちら。
ふひょひょ、思わず声が出そうになる。

カフェ&バル併設のワインショップ。
シャルキュトリやチーズもいい感じ。

意味もなく、躊躇なく生ハムを購入。
これとて、頭のいい悪人のせいかもしれないが。

南船場の『遊山』さん。
今回も美味しいお肉を堪能した。

a0022024_18391483.jpg


霜降りの焼きしゃぶは、
文字通り、口の中で溶けた。

a0022024_18393533.jpg


山形牛雌A5モモ、各部位の食べ比べ。
一くくりで呼ぶことの乱暴を知った。

この夜は、赤ワインが、またすばらしかった。
MATSU EL Viejo (マツ・エル・ヴィエホ)

a0022024_18405330.jpg


MATSU は、待つ、松。
醸造者の名前だが、そう、日本語。

何が凄いって、特にこのエル・ヴィエホ(長老)、
樹齢100年を超えるブドウに木から醸される。

フィロキセラショック以前の古樹、
生き残ったブドウの木だという。

ほかには、El Picaro(エル・ピカロ:ガキ大将)、
El Recio(エル・レシオ:働き盛り)もある。

年代を追うことでワインの醸造に大切な、
「待つ」ことを意味しているのだという。

ところで、ご存知だろうか、フィロキセラ。
ブドウネアブラムシという、「害虫」だ。

たった2本アメリカから輸入した木から、
フランスに渡り、ものの10年ほどで、
西ヨーロッパのブドウの木をほぼ壊滅させた。

フィロキセラに耐性のあるブドウの木を、
アメリカから導入し台木とし、
接木をすることで、克服できるようになった。

深い歴史を顔に刻んだ老人に見つめられ、
何本かの中から選んだ。

美味い。
古樹らしい複雑さに嫌味がなく上品。

一口目からさっそく豊かさを感じ、
2杯目ですでにフルスロットルの勢い。

滋味豊かな赤身の牛肉に良く合う。
年齢のせいか、赤身が好ましい私。

幸福な夜だった。

このシリーズも5本目の記事。
そう、また出たのだ、新顔が。

a0022024_175246.jpg


ジャーン。
ドイツ。

a0022024_1754045.jpg


だがしかし、正直なところ、
今までで一番の違和感。

ブランデンブルク門はいい。
それらしく描かれている。

森鴎外もこのあたりに住んだようで、
実は、私も訪ねたことがある。

三つ編みお下げの女子もいい。
ブロンドの三つ編みは、ドイツっぽい。

ところが、この二つがこう描かれると、
なんとも言えぬ違和感がある。

バイエルンの民族衣装だろう、その娘。
男子も、皮の半ズボンじゃないのか。

ベルリンは、プロイセンの首都。
バイエルンは、いわばその宿敵。

たしかに、プロイセンもバイエルンも、
いかにも、ドイツらしい出自ではある。

宮島に舞妓、では気にならなかった、
日本人が言うのもどうかと思うが、変。

なんて、まるで酔っ払いの愚痴だな。
大人しく、楽しく、美味しく飲もう。
a0022024_17253414.jpg

スペインワインネタ。

別に信じているわけでもないが、
R.M.パーカーJr.が絶賛したワイン。

いわく、

『ここ30年間、この価格帯で飲んだワインの中で 最も素晴らしいワインだと思う。
試飲した時は、正直言葉を失ってしまった。
消費者はこれらの美しいワインで、トランク一杯にするべきだ。』  
            (Wine Advocate #203より)

94点をつけている。
ほんまかいな。

¥2380なので、キヨブタ※でもない。
買ってみた。

※キヨブタ
清水(キヨ)の舞台(ブタ)。

60~80年のガルナッチャの古樹、
そこから生まれる複雑さは、流石。

ベリー系の果実味をベースに、
スパイスや花の香りも感じる。

それらが、渾然一体、
すべてビロードのように滑らか。

なんて、つぶやいてみたりして。

「トランクいっぱい」はともかく、
追加オーダーを狙ったが、すでに完売。

日本に70本しか入らなかったらしい。
よくぞ、2本オーダーしたことよ。

余談になるが、網タイツを履いた
スペインワインを見なくなった。

ついこの前まで、金属製のネットをまとった、
色っぽいボトルを見かけたのに。

と思っていたら、ブレカ・ブレカだ。
エチケットとシールにデザインされていた。

これもなんだかうれしい。
エレタットのその後、だが、
またもや、悔しい思いをしている。

5本目は、再びオランダで、
実は、くじけそうになっていた。

というか、さすがに、このへんで、
もういいか、と。

このままだと、おそらく、
私の「エレタット熱」は、冷めた。

ところが、6本目に、出たのだ。
新顔、アメリカが。
a0022024_19295089.jpg

モニュメントバレーと思しき岩山を遠景に、
カウボーイが馬に跨っている。
a0022024_1929596.jpg

8本空けて4種類、
なかなかの効率ではないか。

おお、しかも来年は、午年。
狙っていたのか、エレタット。

そんなわけはないのだが、
おかげで「エレタット熱」は、まだ続きそうだ。