タグ:ビール ( 95 ) タグの人気記事

a0022024_22292475.jpg


先月、ランチでお邪魔した『にしい』さん、
今回は、先輩と夕飯をいただいてきた。

先付
a0022024_22301063.jpg



鮑の茶碗蒸し
a0022024_22302744.jpg



岩牡蠣
a0022024_22305198.jpg



造里
a0022024_22311093.jpg



炊き合わせ
a0022024_22312817.jpg

芋蛸南瓜



a0022024_22315043.jpg

添えられたのは、ヤマモモ


茄子と鴨
a0022024_22321481.jpg



a0022024_22323260.jpg

新生姜の御飯
a0022024_22325061.jpg



冷やし汁粉
a0022024_2233972.jpg




エビス 生ビール
a0022024_22332899.jpg



『洗心』純米大吟醸 (新潟)
a0022024_22335256.jpg


『八仙』純米吟醸 (宮城)
a0022024_22341498.jpg



結果的に地元強化週間ということになるが、
ご近所に美味しい店が多いのはありがたい。
a0022024_22343463.jpg



ごちそうさまでした。
美味しくいただきました。
a0022024_0115979.jpg


長男が就職したお祝いに焼肉。
諸般の事情で、次男もつれて、男子会。

a0022024_0122760.jpg


a0022024_0124597.jpg


a0022024_012589.jpg


a0022024_0132065.jpg


a0022024_0134018.jpg


a0022024_014671.jpg


a0022024_0142266.jpg


a0022024_0144058.jpg


a0022024_0145924.jpg


a0022024_0151757.jpg



おそらく最初で最後だろう。
少々飲み過ぎた。


ごちそうさまでした。
美味しく楽しい夜でした。
私は、酒が好きな方だと思う。
なので、特に隠すつもりはない。

先日、発注していた、
最近気に入っているビールが、届いた。

a0022024_2441330.jpg


でも、さすがに恥ずかしいのだ。
これだけ、バンバンと貼られると。

いくら、だらしない酒飲みな私でも、
やはり、やっぱり、恥ずかしい。

ま、隠したってしょうがないか。
事実、酒飲みなのだし。

とほほ。

ザ・プレミアム・モルツが、お気に入り。
その、さらにプレミアムなビール。

a0022024_21355279.jpg


The Premium Malt’s
Master’s Dream

最近、家で飲むビールは、これ。
そう、多くを飲むわけではないが。

サントリーは、「醸造家の夢」と呼ぶ。
夢は、かなったようだ。
3年前、やはり8月にとりあげた、
スペインのビール。

ワインショップの通販で手に入れていたが、
案外、飲んでいないということに気付いた。

やはり、ワインが気になるからだろうか、
なんとなく、注文頻度が減っていた。

飲み飽きたのではなく、
特別なビールであることに変わりはない。

それが、だ。
驚いたことに、地元のスーパーで見つけた。

アルコール売り場のオープン冷蔵庫で、
ヱビスや金麦と並んで立っていた。

a0022024_0405938.jpg


うれしくて、買ってきた。
これこれ、この味。

ただ、少々複雑でもある。
特別感が薄らいだというか。

酒飲みの面倒くさい心理である。

いつもの駅前のコンビニに駐車できず、
少し足を延ばして初めてのコンビニへ。

と、やはり、商品構成が違っていた。
で、ゲットしたビールは、この5種類。

a0022024_031465.jpg


中でも目を引くのが、Märzen(メルツェン)
3月に仕込んだ、という意味らしい。

私のアルコールデビュー時代にもあった。
ボトルもおしゃれで、スマートだった。

と、思う。
なにせ、古い話なので。

ま、今またこうして、
Märzen飲めるのは喜ばしい。

いや、誤解を招く表現か。

以前も堂々と飲んでいた。
もちろん、法的制限をクリアして。

いずれにしても時効だろうな。
知らんけど。
a0022024_22321424.jpg


先輩にお連れいただく美味しいお店、
今回は、天神橋『青木』さん。

台風11号直撃の大阪で、
暖簾をくぐると、別世界。

a0022024_2233913.jpg

平安の昔、紙の代わりにも使われた、
梶の葉の蓋をとると、

a0022024_22332656.jpg

生うにと山葵の添えられた、
冷製茶碗蒸し。


椀物は、鮑と胡麻豆腐
a0022024_22334983.jpg



アコウと剣先イカのお造り。
a0022024_22341525.jpg

梅肉に山葵をといて、アコウをいただく。


a0022024_22343834.jpg

八寸は、生のホウズキを器に見立てた一皿。


a0022024_2235471.jpg

小芋のからあげ
たこ
クラゲ
サーモンとキニラ
熊本の赤茄子



鮎の揚げ物
a0022024_22352641.jpg



トウモロコシのすり流しの中には、
a0022024_2235547.jpg


デラウエアが隠れていた。
a0022024_22361677.jpg




小鍋は、淡路の鱧と玉ねぎ、生湯葉。
a0022024_22364071.jpg




土鍋でたかれた御飯には、
a0022024_2237854.jpg


美味しい香の物と鰹のづけ。
a0022024_22372722.jpg


いただいたお酒は、

ビール ハートランド
a0022024_2239110.jpg

日本酒 一白水成 (秋田)
a0022024_2239167.jpg

ワイン 菊鹿(きっか)シャルドネ(熊本)
a0022024_22395780.jpg

ワイン ケンゾーエステイト あさつゆ(ナパ)
a0022024_22403057.jpg


洗練された出汁と和の教養にささえられた、
素晴らしい料理の数々。

引き戸を再び開くまで、
台風のことは忘れていた。

ごちそうさまでした。
大変おいしうございました。



S先生、Y先生、
今月もありがとうございました。
自宅にストックがないことに気づき、
久しぶりにコンビニへ行った。

見慣れないビールが並んでいた。
PALE ALE と MASTER’S DREAM


a0022024_002671.jpg

どちらもサントリー。

ビール風飲料でもプレミアムビールでも、
発表するビールが、どれもおいしい。

ながらく、先発メーカーの
後塵を拝していた感もあったが。

美味しいビールが増えるのは、
これからの季節、ありがたい。

ただ、なあ。
サイクルが短すぎないか。

気に入っていた秋のビールは、
次の秋には姿を消していた。

淀みに浮かぶ泡沫のように、
久しくとどまりたるためしなし、だ。

美味しいものは、継続しようよ。
継続は力だと思うよ、うん。
キリンのスプリングバレーシリーズ、
その第3弾はフルーツビール。

「ジャズベリー」の名前で、
来春登場予定のプロトタイプ。

a0022024_18323350.jpg


いや、美しい。
まず、色をほめたくなる。

そういう予感はしたので、
ワイングラスに注いでみた。

ほのかなラズベリーの香りにかすかな酸味。
とてもさわやか。

こういう個性豊かなビールが、
国内でも醸造されるのはうれしいこと。

ラベルを読んで思わず顔がほころんだ。

Special Ingredient(特別原材料)に、
Raspberry and Dream :D とあった。

なるほど。
ラズベリーと夢で醸したビールか。

心なしか、もう一味、
美味しくなった気がした。
a0022024_18221643.jpg


夙川カトリック教会のすぐ山手、
地元で大好きなチャイナレストラン。

ラヴェニールチャイナで
旬の野菜の勉強をしてきた。

誘われたとき、実は、少し躊躇した。
40歳を過ぎて、野菜も好物になった。

とはいえ、私は、基本的に肉好き。
肉がないと、さびしいな、と。

杞憂だった。
肉も魚もちゃんと出てきた。

もとより、中国料理の野菜はうまい。
イタリア料理の野菜も美味しいし。

結局、何でも美味しく、いただきます。

料理画像はこちら