海遊館にて / 大阪・港区

よりによってGWに海遊館とは、
いささか酔狂な気もしないではない。

混雑予想を調べ、午後遅めに到着。
2100台の屋内Pは満車で、臨時駐車場へ。

人気の水槽前は、賑わっていたが、
覚悟を決めていたほどでもなく、安堵。

撮影総数188枚のなかから、
なんとか公表できる画像を・・・。

a0022024_17421124.jpg

親と同じ大きさにまで育っても幼羽毛の、
キングペンギン。

降り注ぐ「かき氷」にご満悦だが、
時々落ちてくる大粒の氷が当たって、
首をすくめるのがキュート。

分厚いアクリルガラスのコンディションは、
必ずしも良くないので、透明感は望めない。

a0022024_17482490.jpg


色と名前で一目ぼれ。
ピンクマオマオ。

a0022024_17522273.jpg


食べると美味しいらしいが、
ぼおっと眺めているだけで癒される、マンボウ。

a0022024_17535236.jpg


一度、下からの画像が撮りたかった、
海のギャング、シュモクザメ。

a0022024_1759687.jpg


いつ見てみ不思議なたたずまい、
タカアシガニ。

ただ立っているのではなく、
見事なつま先立ち。

a0022024_1844647.jpg


「鞘」の展示は今までもあったが、
カットモデル、とでも言えようか、新機軸。

ここまで育つと、問題ないのだろうか。
中で時々、「寝返り」するのが見える。

a0022024_1816416.jpg


スマートな魚体。
ツマグロ。



対象の素早さに把握しにくい光、
水族館の写真は、ムツカシイ。



おまけ、と言うのも失礼だが、
遣唐使船に遭遇した。

a0022024_1827791.jpg


遣唐使船再現プロジェクト」とかで、
リアルで立派な船だ。

a0022024_1827237.jpg


やけに警備が厳重だと思ったら、
進水したばかりで、出港を目前に控えていた。

万博が開かれている上海に向かうらしい。
漕ぎ手の募集まであったという。

奴隷を使役した古代地中海のガレー船と違って、
この船の漕ぎ手は、とても優遇されている。

気づくのが少し遅かったな。
漕ぎ手はともかく船長なら応募したのに。

って、2級小型船舶免許じゃ駄目か。
残念。

冗談はともかく、明日8日、出港だそうだ。
航海の無事をお祈りします。



殺人的な混雑を覚悟していたのに、
思いのほか「普通」でのんびりできた。

が、これも大阪の地盤沈下の影響かと思えば、
のんきなことも言ってられない。

どうする、橋下知事。
たのんまっせ。
by hirorin330 | 2010-05-07 18:36 | 日常 | Comments(0)