ラタトゥイユ

年齢とともに野菜の美味さがわかるようになったとはいえ、
自慢じゃないが、私は、力いっぱい肉食人だ。

だから、野菜がなくてもまず、困ることはない。
が、これだけは、別。

私の夏の定番料理、ラタトゥイユ。
フランス語で「ごった煮のかき混ぜたの」といった意味らしい。

久しぶりに尼崎まで車を飛ばしてきた。
目的地は、コストコ

6回目の記事になるが、驚いた。
あの、ホットドッグが、味もサイズもそのままで¥200に。

いささか頼りない紙コップだが、コーラのおかわりもできる。
これだけでも高速に乗る価値がある、と思う。よ。

閑話休題。
さあ、戦利品をご覧あれ。

a0022024_17492979.jpg


サーロインの一番小さなブロックが667g。
3枚カットのフィレが550gというアメリカンサイズ。

ちなみに、サーロインが、334円/100gで、
フィレが、385円/100g。

アメリカンビーフだが、肉食な私にはうれしい。
近場のスーパーの豚肉より安い。

高級な黒毛和牛も大好物だが、
アメリカンステーキをガッツリ頬張りたいときもあるのだ。

こんな調子だから、野菜も大量に買うことになる。
パプリカは1袋10個入りで、ズッキーニも8本入り。

生まれて初めてニンニクをキロ単位で買った。
一袋に10個以上入ってて¥300しない。

奥さん、今度一緒にいかが、な世界。
実際、グループの来店も多い。

あ、また脱線。

で、こうなった。

a0022024_1751257.jpg


オリーブオイル、塩、白胡椒、白ワイン。
味付けは、これだけ。

それが、美味い。
そうそう、リオハ(スペイン)の白も美味かった。

下世話な話だが、1本578円の白ワインで、
料理用のつもりが、飲んでも美味くて驚いた。

a0022024_17534366.jpg


原型とどめヴァージョン。
おっと、ナスを忘れたなあ。

残りは、刻んでガレットに添えるか、
ミルフィーユ仕立てにしようかとも思う。

肉食の冬好きな私だが、
夏野菜のラタトゥイユは大好物なのだ。
by hirorin330 | 2011-06-23 17:58 | 日常 | Comments(0)