コーンポタージュ / クノール

a0022024_17565989.jpg


カップスープは、お弁当の味方。
職場のロッカーに常備している。

先日、自宅のキッチンに、
見かけないスープを見つけた。

冷たいミルクで作るコーンポタージュ。
いつものクノールだ。

夏も終わろうという時期だからか、
「お買い得」シールも貼ってある。

夕食後だったが、早速作った。
美味い。

実は、ビシソワーズは大好物。
夏には何度も作る。

が、一方で、スーパーで見かける、
牛乳で割る液体スープは食指が動かない。

天邪鬼と言われればそれまでだが、
自分でもよくわからない。

みそ汁も生みそではなく、断然粉末派。
どちらが美味しいなんて論外。

作るならちゃんと作りたいし
即席ならひたすら手を抜く。

ネギは許せるのだが、基本的に、
インスタントラーメンも、「素」に限る。

中途半端な上流志向より、
潔く、インスタントと割り切りたい。

なので、牛乳で作る粉末スープ、
これは、どストライク。

しかも、コーンのビシソワーズ。
やるな、クノール。

ブチブチの短いパスタと小さな乾燥肉の
はいったインスタントスープが懐かしい。

そう、「ビーフヌードルスープ」だっけ。
「チキンヌードルスープ」もあったっけ。

鍵っ子時代は、ずいぶんお世話になった。
菓子パンとクノールスープがおやつの定番。

その刷り込みがあるせいか、スーパーでも、
まず、クノールの棚に目が行く。

ビシソワーズか。
隔世の感がある。

批判も多いと承知しているが、
インスタント食品の向上は、ありがたい。

ただ、よく考えたら、思いだした。
職場の冷蔵庫に牛乳を常備する習慣はない。
by hirorin330 | 2012-09-14 18:01 | 日常 | Comments(0)