驟雨 或いは にわか雨


思わず外に目をやる雨音。
今日の予報は、雨だったか。

というか、『十一月に降る雨』は、
堀口大學だろう。

十一月はうら悲し
世界を濡らし雨が降る

に始まり

逢引の雅男もぬれにけり
雅女もぬれそぼちけり

で終わる、どこか不思議な、詩。
要は、世界中が濡れると言う詩。

雅男(みやびおとこ)と
雅女(みやびおんな)が、やや唐突に表れ、
しっとりと艶やかに締めくくられる。

が、だ。

今日の雨は違った。
11月の雨らしくなかった。

「ざあっとやって」きた、※1
「大驟雨」だった。※2

※1:伊藤整『雨の来る前』
※2:草野心平『富士山』作品第貳拾壱

雨音に驚き、S120を構え、
a0022024_17222916.jpg

雨粒をとらえるに苦労していると、
a0022024_17224110.jpg

向かいのビルに写る空は明るい。
a0022024_17225963.jpg

間もなく空は晴れ渡った。

この間、ほんの十数分。

驟雨と言うか、通り雨と言うか、
「ところによって、にわか雨」だった。
by hirorin330 | 2013-11-11 17:24 | 日常