晩秋の景色 2013年12月

a0022024_17583585.jpg


用もないのに、
ふらふらと帰ってくるんやないで。

畑道也先生は、
怖い顔で、そうおっしゃった。

助教授時代からお世話になり、
母校の院長までつとめられた大恩師。

卒業してから30年以上が経つが、
いつも、先生の言葉を心にとどめていた。

先日、所用で、母校を訪ねた。
懐かしい。

中学部は男女共学になり、
高等部の場所は、大きく移動した。
a0022024_17593454.jpg

学部が増えて、理工学部は、三田へ、
教育学部は、聖和大学キャンパスへ。

それでも、正門から時計台を見る、
この景色は、何一つ変わっていなかった。

時計台の奥には、秋色の甲山。
四季それぞれに美しい。

中央芝生、右手に神学部と文学部、
左手に経済学部と中央講堂。
a0022024_1852952.jpg

手前にW.R.ランバス記念礼拝堂。
学生時代、ここでオルガンを弾いていた。

中央講堂は工事中だったが、
経済学部裏手の日本庭園は、健在。
a0022024_1854836.jpg

どころか、紅葉真っ盛り。
なかなか、みごと。
a0022024_1855966.jpg

実は、徒歩圏にあるせいもあって、
母校は、ちょくちょく訪れてきた。

サブウェイでサンドイッチを食べたり、
三田屋でステーキランチを食べたり。

母校のランチタイムは、
なにかと楽しいので。

もちろん、畑先生のあの言葉に、
かすかに後ろめたさを感じつつ。

しかし、この日は、
久しぶりにゆったり散歩した。
a0022024_1865070.jpg

日本庭園で紅葉を愛で、
新月池のほとりを歩いた。
a0022024_1865918.jpg

なんとも、寛ぎ、癒された。
ああ、緩む。

ふと先生の言葉の意味が、
ようやくわかった気がした。



私の母校は、関西学院。
by hirorin330 | 2013-12-05 18:10 | 日常