冬至

a0022024_19194657.jpg


西の彼方へ夕日が沈むと、
いちばん長い夜が始まる。

クリスマスの
イルミネーションも映える。

冬の本番は、これからだが、
光は、徐々に力をましてゆく。

キリスト教とのかかわりが薄い、
日本などでも祝われるクリスマス。

春を待ちわびる気持ちは同じ、
そういうことかもしれない。

日本のことわざだと思っていた、
冬来りなば、春遠からじ。

イギリスの詩人、シェリーの
『西風に寄せる歌』の一節だった。

ちなみに、彼の二人目の妻、メアリーは、
『フランケンシュタイン』の作者。

閑話休題
訳者不肖ながら、けだし、名訳といえよう。

a0022024_1920390.jpg


師走のあわただしい毎日、
クリスマスのイルミネーションに癒される。

今年もあとわずか。
もうひとがんばり。
by hirorin330 | 2013-12-22 19:21 | 日常