N54B30A / BMW

a0022024_1441126.jpg


「N54B30A」は、
愛車のエンジンの形式番号。

よく回って、低回転からターボが利く。
なので、高出力だが、扱いやすい。

その、愛車が、車検から帰ってきた。
いつものように違和感とともに。

18歳で免許を取得して以来、
14台の車とかかわってきた。

いつも、どんなクルマも、
車検帰りは、ちょっとした違和感がある。

自分に懐いていたはずなのに、
白々しくなって帰ってきた感じ。

今回の代車は、電気自動車だったので、
違和感は、さらに大きい。

まず、信号待ちで軽くドキリ。
ブレーキのタイミングがかすかに遅れた。

電気自動車では、回生ブレーキを使うので、
制動力は発電にも回される。

アクセルペダルから足を話した瞬間、
相当な制動力でブレーキが利く。

ちょうど、昔のマニュアルミッション車の、
セカンドギアのような感覚、と言えるか。

つまり、安定した運転には、
右足首の微妙なコントロールが必要になる。

原理的には、愛車もマニュアルと言えなくないが、
ギアは滑らかに変化するので、快適。

それに関連して、ついメーターに目が向く。
発電状態を確認するために。

もちろん、ウチの子にはそういう計器はない。
それだけ、燃費を意識していたということだろう。

懐かしいなあ、「i3」
愛車がツンデレ気味なので、余計に。
by hirorin330 | 2015-08-29 23:42 | クルマ | Comments(2)
Commented by F at 2015-08-30 18:01 x
すっかり「横」に慣れた昨今。
「縦」は貴重だしなにより美しい。
i3の先進とは良いバランスのように思います。
ガレージに余裕はありませんか(笑) 

Commented by hirorin330 at 2015-08-31 01:49
F さま
いまどき縦に6本も筒を並べるなんて、
反社会的としか言いようがありませんね。(笑)

誘惑しないでくださいまし。
ウチのガレージのキャパを考えると、
リストラされるとしたら2シーターだろうなあ。
それは、それで、ちと、さびしい。orz www