ジャンボシュークリーム / いかりスーパー

久々のいかりスーパーのスイーツ。
その名も「ジャンボシュークリーム」。
a0022024_12142141.jpg

中途半端な洋菓子店真っ青なスイーツを連発、常備するいかりスーパーだが、
このシュークリームには、何故か昔から手が出なかった。

いかに「いかり」とはいえ、洋菓子店にはかなわないだろうと思っていた子供の頃から、
その実力を知らしめられたここ数年にいたるまで、意識的に遠ざけていた。

何故か。
私には、理想のシュークリームがあるからだ。

皮はサックリ香ばしく、クリームは言うまでもなくたっぷりと。
エレガントに食べようなんて思っていないから、思い切り入れてほしい。

そのクリームもバニラの効いたカスタードとフレッシュのダブルクリームが望ましい。
それをサクサクのシューですくうように食べるのだ。口の端にクリームをつけながら。

皮とクリームの比率を考えると「ジャンボ」は理想だろう。
いかりのクリームなら信頼できる。

なのに、なぜ、今まで食さなかったか。
トラウマだ。

子供の頃のどこぞのシュークリームはでかいだけで皮だらけ。
その皮もプヨプヨの土左衛門で中には小麦粉だらけのクリームもどきがちょびっと。

これがトラウマにならずして何がトラウマか!(怒)
いかん。つい、冷静さを失ってしまう。

ところが、このいかりのジャンボシュークリームは、まずクリームたっぷり。
鯛焼きで言うと尻尾まで詰まってて内臓破裂寸前。

カスタードクリーム1本だが、いかりのは当然美味い。
それが、ポーズではなくクリームを注入した穴からあふれるほど詰まっている。

こうなると皮が少々へたっていても許せるから不思議だ。
むしろノスタルジーを覚える。

そう、子供の頃、Hのシュークリームは、チープなお土産の定番だった。
皮はふにゃふにゃ、クリームは味気なく、それでもやっぱりうれしかった。

今では、クリームの種類も格段に増え、アイスクリームまで詰められる。
お家騒動もあったが、名前も変わらず健在なのはうれしいではないか。

ああ、またしても1個のシュークリームで熱く語ってしまった。
宛がい扶持で、目の前に出されて食べたらこれが美味かったので、つい。
by hirorin330 | 2006-09-05 12:16 | いかりスーパー | Comments(4)
Commented at 2006-09-05 15:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirorin330 at 2006-09-05 17:04
鍵コメat 2006-09-05 15:46 さま
そちらのブログでお答えいたします。
m(_w_)m
Commented at 2006-09-06 17:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirorin330 at 2006-09-07 14:19
鍵コメat 2006-09-06 17:06
(爆)です。
でも、あれって便利でエコロジカルでもあります。
しかしそこまで増殖してましたか。(笑)

どちらからでも歓迎ですよ。(^^)