M250系電車 / KATO

我らの新幹線が、フランスのTGVに敗北したとき、
悔し紛れに、あれは、電車じゃない、と叫んだものだ。

動力分散型、とはいえ、日本の一般的な電車と違って、
強力な電気機関車で客車をはさんで運行する。

が、ついに我が国にも登場した。
動力分散型で電車と呼ばれる、貨物列車が。

a0022024_18271733.jpg


JR貨物が世界に誇るM250系コンテナ貨物電車だ。
実は、デビューしてもう5年になる。

在来線で東京大阪間を6時間11分で走り、
その評定速度(停止時間込の平均速度)は91km/h。

これは、新幹線以前の東京大阪間最速だった、
特急「こだま」の85km/hをもしのぐ。

そのM250系(愛称:スーパーレールカーゴ)を
KATOが、Nゲージモデル化した。

何が泣かせるって、なんといっても、
細部まで忠実に再現した連結器だろう。

a0022024_1836569.jpg

(画像クリックで別窓に拡大画像が開きます。)

鉄ちゃんライトの私に言わせると、
リアルな連結器は、鉄道模型のキモだ。

a0022024_1841025.jpg


しかも、ヘッドマークが、マグネット化したので、
取り付け取り外しが、簡便になった。

現在は、佐川急便の貸し切り輸送のかたちで、
東京貨物ターミナル-大阪・安治川口間を走っている。

ただ、ライトな鉄ちゃんでありながら、
リアリズムにこだわる私には、見逃せない問題もある。

a0022024_18525438.jpg


この、6両編成でもなかなかの雄姿だと思うのだが。
スーパーレールカーゴ、基本的に16両編成なのだ。

いつの日か、あの500系のぞみのように
私の秘密基地鉄道でフル編成で走らせたいと思っている。
by hirorin330 | 2009-05-31 18:54 | 趣味