<   2005年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

天婦羅を食べに行って、ワインがあれば、と思うことはあまりなかった。
だから、「ワインと天婦羅」を売り物にする店に興味があった。

場所は、「ハービスエント」、ブランドショップのひしめく話題のビル。景気は底を打ったのかもしれないと錯覚するような、豪華な建物。食事の予感は、揺れた。この豪華さ、吉か凶か。

しかし、ウッドを多用した内装は、落ち着いた上品さが感じられ、
「バブリー」で済ませるのは、ちょっと気の毒かもしれない、とも思った。

その5階、大阪中央郵便局を目の前に、梅田の光の洪水を眼下にその店はあった。
むこうは、ヒルトンプラザにリッツカールトン。最近の西梅田の象徴的位置だ。

黒服の男性に迎えられたが、ソムリエをはじめ、料理スタッフは和装(作務衣)。
ん?このソムリエ、見覚えが・・・。

ワインリストは、さすがに充実していた。シャンパンだけで二十数種のラインナップがあり、
泡・白・赤、すべてグラスワインも期待できそうだった。

で、おすすめのシャンパン、『ラミアブル、グラン・クリュのエキストラ・ブリュット』から。
「エキストラ」と言うほどでもないが、キレがあって香り高く、天婦羅との相性もいい。

前菜にホタルイカ。茗荷とヌタが添えられ辛子酢味噌でいただく。手入れも完璧。
お造りはヒラメ尽くし。刺身にえんがわ、薄作りのなかにはウニが入っていた。

肝心の天婦羅は、魚介9品、野菜5品。5回に分けて出た。
クルマエビは甘くプリプリで、白子や山芋に包まれたウニも美味。

はじめのクルマエビとアナゴの頃には、次のワインを心配した。どういう位置づけになるのか、とちゅうで出された煮穴子も絶品。「料亭とワインショップのコラボ」に納得。

二本目も白。アルザスを選ぶ。
赤だったらどんなワインを提案してくれたのか、ちょっと心残りではある。

しめは、天茶、天丼、かき揚げ+ご飯などから、デザートも数種から選べる。
とどめにまたもや白のグラスワイン。

確かにワインの充実した天婦羅屋さんはめずらしく、
こういう楽しみ方に今まで気づかなかったのは、ちょっと悔しい。

思い出した。このソムリエ、三宮のワインバー『リセット』のソムリエだった人だ。
帰りに名刺をいただいて気がついた。なるほど。しかし、じゃあ、『リセット』は?

人と天婦羅を食べるときは店を決めていた。今はないが、宝塚ホテルの『甲陽園・つる家』。
大阪の新阪急ホテルにもあった。驚いたことに大阪も、今日で営業終了だそうだ。

この店を知らなければ、今度は「天婦羅難民」になるところだった。
このお店、名前は、『あげさんすい』 と言う。
もともとは高級車メーカーだったBMWだが、敗戦による経済の悪化で、
「大衆車」の要求が高まった。

そこで目をつけたのが、イタリアのイセ社の「イセッタ」。権利を買い取り、自社のバイクのエンジンを利用して「雨の日でも乗れるバイクのように手軽な乗り物」が生まれた。

排気量は250cc(後に300cc)だが、オリジナルのエンジンが2サイクルだったのに対してBMWのは4サイクルで、静かで強力だった。1962年まで製造されたようだ。
a0022024_12284836.jpg

「喜びを持って、コストは節約、BMWイセッタは走る」くらいの意味か。
「ハーベン」、「シュパーレン」と「ファーレン」で軽く韻をふんでいるようだ。
a0022024_12292118.jpg

「天気が悪けりゃ「屋根」を閉め、お日様が笑ったら開けようよ!」
駄訳で恥ずかしいが、北国の人が太陽に持つ思いを感じる。
a0022024_12301556.jpg

郵便局やルフトハンザ、荷台つきも。たくさん並ぶと、またかわいいのだ。
イセッタの消防車が主役の番組もあったようだ。クレイアニメだろうか。見て見たい。
いつからあるのかよくわからないシリーズ」その2。
ナイフレスト だっけ。いつもそう呼んでいるが、正式名称は、別にあるかもしれない。

ホテルなどで10本も20本も(ないか)ズラリと並べられたテーブルで食事をするのもそれなりに楽しいが、ナイフレストがおかれているのも、ワクワクする楽しみがある。

たいていは、オードブルがいくつも出てくるレストランで、次はなんだろう、と期待は高まり、
オープニングの「泡」も、ボトルでお願いしたくなる。
a0022024_16505422.jpg


しかし、これは実用性が疑わしい。少なくとも私は使ったことがない。
私が客人だとしたら、綺麗だが繊細な陶器のバラが、どうにも気になって寛げない。

本場の中国料理などでは、はじめに主人がテーブルクロスをわざと汚す、と聞いたこともあるが、そこまでしなくても、客人に必要以上の気を使わせるのは、確かにどうかと思うのだ。
いくら磨いても虫歯になるのは仕方がないとあきらめていたが、受診する医院が変わり、
磨き方の指導を受けて以来、20年近く虫歯知らずだ。

そうなると子供の頃あんなに嫌いだった歯科受診が苦にならなくなり、半年ごとの定期健診で衛生士さんに「よく磨けてますね。」と言ってもらうのが楽しみにさえなった。

ところが、だ。いくらちゃんと磨いていて、虫歯がなくなっても、
歯科医院の恐怖から完全に解放されたわけではなかった。

数年前から睡眠不足が続いたり、過労気味のときに「浮く」歯があって、
ある意味過労のバロメーターの役目を果たしてくれていた。

その歯が、いよいよくたびれてきたらしく炎症を起こした。
痛いのだ、これが。

明日は、仕事帰りにちょっと一杯、ではなく、歯科受診だ。友人でもあり、診療所もキレイでスタッフも気持ちいいのだが、斜向かいの焼き鳥屋の煙が誘惑的なのが唯一の難点。
a0022024_1823883.jpg

「リャドロ(LLADRO)」の『歯科医』。眉間にしわを寄せ、右手には誇らしげに抜いた歯を掲げて、左手にメガネ。どことなくユーモラスで気に入っている。でも明日はちょっと憂鬱。
「シャルル・プジョワーズ」、流行の名古屋流で言うなら「お値打ち!」シャンパン。
シャルドネ1本の「ブラン・ドゥ・ブラン」。
a0022024_1431725.jpg

決して軽すぎないボディーに爽やかな酸味と果実味が凝縮された感じは、バランスがよく、シャンパンの基本をしっかり押さえている。と、思う。

実は、「ホワイトデー企画」にこれを見つけ、¥2980(税込み¥3129)の価格にクラッときて注文したが、大して期待もなく、どこが「ホワイトデー」かも気にしなかった。

と、よく見るとあった。
かの「カロンセギュール」にも負けないくらいの「ホワイトデー」にふさわしい「シンボル」が。
a0022024_1433761.jpg

しかも、後ろから射抜かれているハートってめずらしいのではないか?
さらに飲んでびっくり。しっかり美味い。さすがシャンパーニュ、看板に偽りなし、だった。

以前、ロワール川沿いにフラフラと旅をしたとき上等の「クレマン」に出会ってから、非シャンパーニュでいいワインを探すのが楽しみだったが、さすがにシャンパンは奥が深い。

こうした、小さな生産者の良心的なシャンパーニュを探すのも楽しみにしたい、
と思わされるシャンパーニュだ。
はじける誕生日第4弾。

摂政関白太政大臣・・・。
といえば、藤原道長・・・では、なく、
a0022024_15385524.jpg

ドン・ガバチョ だ。
笑った人、年齢ばれます。

『ひょっこりひょうたん島』の大統領。声は、今は亡き藤村ありひろ氏。タモリの「4カ国麻雀」のネタの10年以上前にヒトラー、スターリン、ムッソリーニの声色を真似た。

二人に共通するのは、「耳」。
タモリはラジオで、藤村はアマチュア無線でナマの外国語に触れた。

え?タモリのネタも知らない?
そういえば、「文化人」になってからネタしなくなったかも。
貧乏はしたくないが、
できれば財布は持ちたくない。

鞄を持つときは放り込めばいいのだが、理想は手ぶら。
となると嵩の低い財布を捜すことになる。

紙幣を折らずにしまう横長の財布。薄くていいが長さがネック。
二つ折れで小銭入れのついた財布。面積は小さいが厚みが最悪。

で、たどり着いたのが、いわば分離方式。
小銭入れを別にもち、紙幣はマネークリップへ。

といって、紙幣をむき出しに持つようなワイルドな趣味はない。
カードホルダーもかねた二つ折りの薄いタイプ。

15年くらい使っているのでかなりくたびれてきた。
味があるといってくれる人も居るが、人前で使うにも場所を選ぶようになってきた。

いつからか、カードもカードホルダーに2枚ずつ入れるようになり、厚みも見苦しくなってきた。名刺入れ兼用のカードホルダーもあるのだが、貧乏臭く「オールインワン」。反省。
a0022024_15221450.jpg


で、ネットで探して即決即断。
「プラダ」だそうだ。
a0022024_15223911.jpg


実際、出先で使うカードはせいぜい2~3種類。
あとは、会員証をかねていたり意味不明のクレジットカード。

これからは、お出かけのときには、必要なカードだけを持って身軽になろう。
紙幣も身軽だったりして。・・・哀しい。
チーズナイフは研げない。それほどナマクラになるというものでもないが、使っているナイフがくたびれてきたなあ、と思っていたら通販のポイントが貯まってもらえることになった。

誕生日にあわせたかのように届いたのはうれしかった。
クールなステンレス製で、チーズピックは、まあ、かわいい。

問題は、チーズナイフ。コミカル狙いだとは思うのだが、
ムンクの『叫び』やホラームービーでおなじみの『スクリーム』の仮面を思い出してしまう。

そう思うとチーズピックもなんだか不気味に見えてきたり。
いやいや、大切に使わせていただきます。ソニーさんありがとう。
a0022024_133488.jpg

ということで、いつもよりもさらに好き勝手させていただく。
いやあめでたい。

まずは、タカラモノ。A.シュヴァイツァーの”J.S.BACH”初版本。もうすぐ100歳。
オランダの楽譜屋さんで見つけたときは震えた。「禁断のクレジット」を使って即決した。
a0022024_12283969.jpg

序文がC.M.ヴィドールというのもうれしい。

余談になるが、金銭感覚が大雑把な私は、カードの使用を一応自粛していた。アルバイト代が入ると、美味しいもの食べたさに、パリまで飛んでゆくような性格でもあったし。

ちなみにアルバイト料が一番よかったのは、現地の日本人学校の子供たちの家庭教師。日本での学歴や現地での立場がロコツに金額に響くが、トップクラスの金額をいただいていた。

そういえば家庭教師の日は靴下に気を遣った。ほとんど例外なく日本人はドイツでも家では靴を脱ぐ。当然か。が、部屋履きに履き替える一瞬にも足の指が見えたりすると恥ずかしい。

関連して思い出したのが、下着。高速道路は日常的に使っていたが、国境を越えるときは、下着にも気を遣った。大阪を走れたらパリも走れるとは言うが、やはり心配。

いや色っぽい意味ではなく、もし事故に巻き込まれたとき、病院に担ぎ込まれたドイツナンバーの怪しい東洋人が、みすぼらしい下着だったりしたら金髪の美人看護士に恥ずかしい。

閑話休題。同じものの79年版と邦訳も持っているが、初版本の特徴は、なんといっても旧字体レタリング、いわゆる「亀甲文字」である。まあ、どうでもいいことではあるが。
a0022024_12324754.jpg


留学中、研究仲間のドイツ人たちが、四苦八苦しているのにも驚いたが、私が難なく読めると知ってから態度が豹変したヤツも居て、どこにでもケチな根性のやつは居るのだと思った。

今は、もう趣味の世界の話になってしまったが、
年に一度この本を手に取るたびに、思いは複雑だ。
キューピーパスタソース たらこ の 音楽が。