タグ:シャンパーニュ ( 171 ) タグの人気記事


大淀南という住所でピンとくる方は、
音楽通だろうか。

シンフォニーホールの南すぐに
隠れ家的フランス料理店がある。

ブザンソン
フランスの地名が店名。

秋が深まりつつある一夜、
オッサン4人でお邪魔してきた。
a0022024_11423651.jpg
期待に胸が高鳴るセッティング。

a0022024_11420700.jpg
北海道産ホタテ貝 ビーツ

a0022024_11414773.jpg
ハンガリー産フォアグラ、里芋 トランペット茸

里芋がどう出てくるかと思えば、
なんとチップスだった。

a0022024_11413368.jpg
和歌山産赤足海老 オーストラリア産 アスパラガス
ソースアメリケーヌ

a0022024_11412173.jpg
北海道産シシャモ
サラダ仕立て

a0022024_11410520.jpg
長崎産アカハタ
クスクス 赤ピーマン

a0022024_11405058.jpg
グラニテ

a0022024_11402047.jpg
北海道産蝦夷鹿
ソースグリオット


a0022024_11395171.jpg
フロマージュ


a0022024_11393022.jpg
和栗 モンブラン


a0022024_11391225.jpg
小菓子


ワイン
a0022024_11592521.jpg
a0022024_11591562.jpg
a0022024_11585251.jpg
a0022024_11583907.jpg
a0022024_11582386.jpg
a0022024_11580178.jpg
a0022024_11570073.jpg


こちらのマダム、ソムリエールの提案は、
いつうかがっても楽しい。

料理との相性はもちろん、
とにかくどれをいただいても美味しい。

この夜も、シャンパーニュからギリシャワイン、
エグリウーリエのラタフィエまで完璧。

美味しい料理とワインのおかげで、
オッサン4人、終始笑いが絶えず、楽しい夜だった。


ごちそうさまでした。
大変美味しうございました。





毎月、料理の案内が届く、
レストランとリストランテ。

この年末は、どんなだろう、
と、DMを開いてびっくり。

両店とも、現店舗は、年内で閉店とある。
ショックだ。

拙ブログでは、昨年12月の記事が最後だが、
その後も何回かお邪魔していた。

思い当たる節がある。
親会社がこの夏の台風で大損害を被った。

高潮で高級スポーツカーが数十台水没した、
あの件だ。

ビッビのランチなど、いつも賑わっていたのに、
撤退、閉店となるとそれしか考えられない。

幸い、オー・ベック・ファンは、
場所を変えて営業を続けるらしい。

台風が来て、レストランが閉店。
風が吹いたら桶屋が儲かる、に近い感覚。

次のステップのさらなる進化に期待しよう。







「杦」という字は「せん」では変換困難。
「杉」の異字体とわかるとすぐ出てきた。

で、久しぶりの新店開拓で、
京都まで足を延ばした。

国道1号、五条大通りを柳馬場通りで上る、
つまり、北方向へ二軒目の落ち着いた町屋、

a0022024_10582433.jpg

ではあるが、食事は、
モダンなカウンターで供される。

シャンパーニュも面白い品ぞろえ。

a0022024_10581876.jpg
日本を意識したエチケット。
「〆」からのスタート。

a0022024_10581360.jpg
平安時代は、「文」にも使われた、カジノキの葉。
a0022024_10580967.jpg
鴨茄子、オクラ、アサリのジュレ。
a0022024_10580564.jpg
懐紙を退けると、
a0022024_10575943.jpg
椀物は、鮑と蕪

a0022024_10575586.jpg
鱚のお刺身にはウニ醤油がたっぷり。
a0022024_10575273.jpg
旬のトリガイとノドグロのお造里。
a0022024_10574988.jpg

a0022024_10574246.jpg
松茸とトウモロコシの天ぷら。
早くも初物松茸。

a0022024_10573764.jpg
エビフライ、として出てきた、
伊勢海老のフライ。
a0022024_10573194.jpg
鱧、芋茎、ジュンサイ、揚げ出し豆腐が
a0022024_10572295.jpg
こうなる。
a0022024_10572603.jpg
全粒粉のおうどん
お出汁、最高。
a0022024_10571993.jpg
白御飯
a0022024_10571590.jpg
鯛と鯛の子の丼
a0022024_10571016.jpg
牛玉丼
a0022024_10570546.jpg
マンゴー
a0022024_10570140.jpg
葛切り

いや、食べた、食べた。
たくさん、いただいた。

実は、京の表看板、祇園界隈には疎い。
こちらや『三多』さんの佇まいが好み。

ちなみに、Yahoo!検索では、
「SEN 京都」で一発で出てくる。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。







あしかけ5年、十数回通っているが、
意外なことに4月、5月は初めて。

GWを避けてきたのだと思う。
確かに烏丸も河原町も大混雑。

それでも、寺町竹屋町の小さな玄関、
その暖簾をくぐると、別世界。

今回も無理をお願いして、
持ち込みのシャンパーニュと楽しんだ。

a0022024_13475526.jpg
先付けは、じゃがいものすり流し。
敢えて言うと、和風のヴィシソワーズ。
a0022024_13473661.jpg
アスパラガスの揚げ物。
添えられた海老塩がまた美味い。
a0022024_13472337.jpg

鯛の造里には、タイの白子をかけて。
鯛の白子は、なかなかない、とのこと。
a0022024_13471412.jpg

この時ばかりは、日本酒で。
純米吟醸『平瀬浦』
a0022024_13470713.jpg

a0022024_13463573.jpg
椀物はオコゼ
ふんわりと。


a0022024_13462662.jpg
フィレ肉と筍
a0022024_13461334.jpg
この季節らしい焼き物


鮑と空豆
a0022024_13455924.jpg

トマトに胡麻餡
a0022024_13455107.jpg
トリガイ
a0022024_13453919.jpg
炙って
a0022024_13445627.jpg
a0022024_13444908.jpg
伝助穴子の
a0022024_13444908.jpg
すき焼き仕立て
a0022024_13444285.jpg
a0022024_13443338.jpg
筍御飯
a0022024_13442753.jpg
a0022024_13442045.jpg
水菓子、マンゴー
a0022024_13441300.jpg
a0022024_13440212.jpg
ヴーヴ・クリコ グランダーム 2006
「ブランダルジル」は、「粘土質の白」の意味
アンリ・ジロー ロゼ


ごちそうさまでした。
いつもながらのおもてなし。
大変おいしくいただきました。







a0022024_17331713.jpg
若い(相対比較)友人たちと、
評判のフレンチを食べてきた。

しまなみ海道出身のシェフが、
当地の食材にこだわった品々。

丁寧でイマジネーションあふれる料理に
舌鼓を打った。

ところが、だ。
よくあることだが、飲み過ぎた。

なので、一皿一皿の説明を覚えていない。
あしからず。



いきなり驚くのが、ナプキン、かな。
a0022024_17324758.jpg
肌触りのいい「今治タオル」だ。

オードブル
a0022024_17321389.jpg
ヘ音記号を思わせる優美なカーブ。
白い粉は、オリーブオイルのパウダー。

オードブル
a0022024_17314342.jpg
小さな宝石箱
a0022024_17311327.jpg
開けると、オレンジ。
a0022024_17304341.jpg
ではなく、オレンジを模した、フォアグラとパテ。
オレンジソースでいただくイメージ。

オードブル
a0022024_17301314.jpg
ホワイトアスパラガスと貝、筍。
ムール貝に似ているが、残念、失念。

a0022024_17294364.jpg
a0022024_17291236.jpg
a0022024_17281472.jpg
メイン
a0022024_17274493.jpg
デセール
a0022024_17271426.jpg
飴のドーム

小菓子
a0022024_17264444.jpg
お造りの舟盛に使われるような器だが、
フィナンシェとアーモンド

「村上水軍」を意識か。

ワイン
a0022024_17261393.jpg
5人で5本
まあ、通常運転。

ただ、二次会が拙かった。
近くの感じのいい立ち飲みで、飲み足した。

結果、せっかくの料理が、思い出せない。
同行の友人に問うのも情けないし。

ということで、近々、再訪しますから。

シェフもホールのスタッフも
とにかく若くぴちぴちしたお店だった。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。



所属する団体の祝宴で、
リッツ・カールトン大阪へ。

そのメインダイニング『ラ・ベ』は、
さすが、の空間で素晴らしい料理だった。

a0022024_12050934.jpg
a0022024_12050338.jpg

アミューズ

a0022024_12045580.jpg

おしゃれなボックスは、

a0022024_12044646.jpg

パン

a0022024_12043756.jpg


ブリのマリネ タルタル 日本酒風味のブランマンジェ
キュウリのヴィネグレット キャビア

a0022024_12042868.jpg



黒鮑の海藻蒸し 肝でリエした白ワインクリーム 穂紫蘇

a0022024_12042121.jpg



アマダイクリスピー 野菜のコンフィ ヴァンジョンヌソース

a0022024_12041294.jpg



和牛肉のロースト コーヒーバター トリュフと赤ワイン

a0022024_12040486.jpg



アヴァンデセール
フルーツコンポテ 弓削牧場のフレッシュチーズムース

a0022024_12035606.jpg




苺とライスムース 飴ボール仕立て レモン風味

a0022024_12031839.jpg



ワイン

シャンパーニュ

a0022024_12034891.jpg

a0022024_12034026.jpg
a0022024_12030877.jpg

格式高いグランメゾンは、実は苦手。
だけど、こちらは、いつの間にかすっかりくつろいだ。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。






手仕事の逸品を求め、その作業場へお邪魔する「手仕事探訪」、今回は、コルク鍋敷き一筋30年の三代目『コルフナ』さんにお話をうかがいます。コルクの焼ける香ばしい薫りとワインの香りも漂う作業場は、雑然としつつも職人の使い勝手にこだわる様子が感じられます。

a0022024_10554908.jpg



私:ワインの香りもいいですねえ。

コルフナさん(以下「コ」):いいコルク使ってるからね。やっぱ、グランヴァンはいいね。

私:こんなにたくさんの材料はどのようにして?

コ:そりゃ、俺が飲むのさ。

私:ということは、材料集めも大変なお仕事になりますねえ!

コ:んなこたね。好きでやってんだ。

私:拝見してますと、見取り図や設計図もなしの作業ですか?

コ:ワインが11本違うようにコルクだって一つずつ個性がある。それを組み合わせてこさえるんだから、図面なんてねえさ。二つと同じものはできねえし。

(職人気質のコルフナさんのご機嫌を損ねたかもしれません。ここは、急いでよいしょ。)

私:それにしても見事な鍋敷きですねえ!粉砕コルクを圧縮して作られたコルクボードの鍋敷きとはまるで違います。

コ:あたりめえだ。一緒にするな。

私:す、すみません。(またお叱りを。)

コ:んにゃ、ええ。

私:どれくらいのペースでお造りになるのですか?

コ:最近は、酒量も減ったし、あんまり作らね。

私:お弟子さんや後継者の方は、いらっしゃいますか?

コ:んにゃ、居ねぇ。仕事がきついのか、弟子はすぐやめちまうし。子どもは、みんなよそで好きなことやってる。

私:それでは、この鍋敷きは・・・。

コ:俺で終いだな。(寂しく微笑む)

手仕事探訪では、様々な手仕事をお伝えしてきましたが、時代の流れにあらがうかの鍋敷きはもうすぐ幻のものになるのかもしれません。今回、コルフナさんのご厚意で先着3名様に未開封のワイン18本で、「逸品コルク鍋敷き」1枚を作っていただけることになりました。ワインは、赤でも白でも、ただし、グランヴァンクラスの天然コルクが使用されたワインに限る、ということです。ふるってご応募ください。尚、完成までには、通常、18日から30日かかるそうです。知らんけど。





はからずも今月は天ぷら強化月間になった。
我ながらあきれるが。

〇 一宝 大阪・西区・江戸堀

コースには、一部屋コースと二部屋コースがある。
前菜までは座敷で、そののち移動するのが二部屋コース。

今回は、お誘いいただいて、
二部屋コースでいただいてきた。


a0022024_15245031.jpg

玄関からしてスケールが違う。

a0022024_15252851.jpg

突き出しやお造りをいただく座敷。
画像ではわかりにくいが、庭も美しい。
a0022024_15250257.jpg

落花生豆腐

a0022024_15251265.jpg

a0022024_15252301.jpg

料理も器も秋

a0022024_15254902.jpg

a0022024_15260191.jpg

a0022024_15260666.jpg

a0022024_15261803.jpg

〆のかき揚げ天丼
普通サイズでいただきたかった。





〇 大塩 大阪・北・天六

a0022024_15432658.jpg

a0022024_15270230.jpg

a0022024_15271087.jpg

突き出しは、ポテトサラダと酒盗。
造りの昆布〆がうまかった。

ワインと天ぷら、の看板通り、ワインも充実。
画像は、スペインの発泡酒、カヴァ。

a0022024_15271533.jpg

店の「看板娘」。
海苔とイクラのカナッペ。

a0022024_15272459.jpg

アスパラガスには、パルミジャーノをたっぷり。

a0022024_15273537.jpg

茄子には、プロシュート。

a0022024_15274661.jpg

蓮根、フォアグラにゴルゴンゾーラ

a0022024_15275545.jpg

明太子

a0022024_15280221.jpg

小海老の天バラ丼





〇 佶祥 大阪・北・中崎西

a0022024_15282008.jpg

a0022024_15282554.jpg

言うまでもなく、車エビ
お見せ出来ないが、真ん中はレア。

a0022024_15283174.jpg

鮎、ではなく、北海道の柳葉魚
もちろん、頭からいただく。

a0022024_15283829.jpg

紅入れの中は、海塩、岩塩、炭塩。
後ろは、抹茶塩ではなく、砂時計。

a0022024_15311340.jpg

砂時計は、スモーク時間をはかるため。
中は、カマスの炙り。

a0022024_15322915.jpg

思わずの日本酒。

a0022024_15323510.jpg

a0022024_15324844.jpg

今度は、「天使の海老」。
心なしか車海老より足が長い。

a0022024_15330268.jpg

イカにミョウバンなしのウニ、二種。

a0022024_15332451.jpg

カニ
a0022024_15333195.jpg

茶そば


画像はないが、
シャンパーニュは、ドゥーツとボランジェ。



それぞれに個性的で美味しく楽しい天ぷらだった。
いやあ、奥が深い。

うっかり告白すると、あきれられるが、
月に3日程度なら天ぷらも余裕。

幸か不幸か財布に余裕がないので、
そこまで攻めることもないが、天ぷら、好きかも。




この2月、大阪・西天満に
新しいフランス料理店がオープンした。

a0022024_16380016.jpg

『ルヴニール』
再出発という意味らしい。

以前、この場所には、
別のフランス料理店があった。

オーナーはそのまま、
シェフもスタッフも変わっての再出発。

a0022024_16390308.jpg
アミューズ
a0022024_16392322.jpg


a0022024_16412719.jpg
天草天然車海老
オシェトラキャビア
燻したヨーグルト
ビーツ



a0022024_16414168.jpg
フォアグラ
ホタテ
チリメンキャベツ
ソースペリグー


a0022024_16420510.jpg
ロワール産ホワイトアスパラガス
ソースオランデーズ
赤穂のマテガイ


a0022024_16422792.jpg
ビーフコンソメ
ウニ
人参のフラン
柚子の香り


a0022024_16424710.jpg
マナカツオのロティ
ヴィエノワーズ
シードルビネガーソース


a0022024_16430701.jpg
和歌山産仔猪のパイ包み焼


a0022024_16432889.jpg
紅茶のジュレ
+ソルベシトロン
=レモンティー


a0022024_16433979.jpg
シェリー酒の香るフルーツのグラチネ


a0022024_16431755.jpg
フロマージュ


a0022024_16435315.jpg
ワイン


実は、3月に2回うかがって、
4月にも2回お邪魔してきた。

だが、同じ料理は一つも出ない。
シェフとスタッフの心意気を感じる。

まもなく予約困難店になりそう。



ごちそうさまでした。
とても美味しうございました。




a0022024_15451954.jpg
我が家の猫をだしに、猫カフェ、
という名の飲み会を開いた。

はじめてお目にかかる方も含めて、
大勢お集まりいただいた。

いやしかし、あれは、「カフェ」ではなく、
バーだった、と反省。

旧友との再会もあり調子に乗りすぎた。
でも、楽しかったなあ。

ピアノの上にグラスが並んでいるが、
準備段階だけ。

グラスマーカーも並んでいるが、
液体は、もちろん乗せていない。

いや、飲んだ飲んだ。

a0022024_15453110.jpg