タグ:フランスワイン ( 103 ) タグの人気記事

a0022024_17331713.jpg
若い(相対比較)友人たちと、
評判のフレンチを食べてきた。

しまなみ海道出身のシェフが、
当地の食材にこだわった品々。

丁寧でイマジネーションあふれる料理に
舌鼓を打った。

ところが、だ。
よくあることだが、飲み過ぎた。

なので、一皿一皿の説明を覚えていない。
あしからず。



いきなり驚くのが、ナプキン、かな。
a0022024_17324758.jpg
肌触りのいい「今治タオル」だ。

オードブル
a0022024_17321389.jpg
ヘ音記号を思わせる優美なカーブ。
白い粉は、オリーブオイルのパウダー。

オードブル
a0022024_17314342.jpg
小さな宝石箱
a0022024_17311327.jpg
開けると、オレンジ。
a0022024_17304341.jpg
ではなく、オレンジを模した、フォアグラとパテ。
オレンジソースでいただくイメージ。

オードブル
a0022024_17301314.jpg
ホワイトアスパラガスと貝、筍。
ムール貝に似ているが、残念、失念。

a0022024_17294364.jpg
a0022024_17291236.jpg
a0022024_17281472.jpg
メイン
a0022024_17274493.jpg
デセール
a0022024_17271426.jpg
飴のドーム

小菓子
a0022024_17264444.jpg
お造りの舟盛に使われるような器だが、
フィナンシェとアーモンド

「村上水軍」を意識か。

ワイン
a0022024_17261393.jpg
5人で5本
まあ、通常運転。

ただ、二次会が拙かった。
近くの感じのいい立ち飲みで、飲み足した。

結果、せっかくの料理が、思い出せない。
同行の友人に問うのも情けないし。

ということで、近々、再訪しますから。

シェフもホールのスタッフも
とにかく若くぴちぴちしたお店だった。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。



by hirorin330 | 2018-05-07 13:45 | 美食
大阪、天満橋、気鋭のフランス料理店、
『オリジン』さんにお邪魔してきた。

あまりの驚きで画像を忘れたが、
アミューズにアナグマのパテが出た。

ジビエと言えばジビエだが、
特に無理のない赤身で美味しかった。


北海道厚岸産 生雲丹のコンソメジュレ
a0022024_12535553.jpg

北海道函館「小西鮮魚」よりサクラマスのコンフィ
胡瓜とヨーグルトの軽いソース
a0022024_12534631.jpg

香川産ホワイトアスパラガスと「佐助豚」のパンチェッタ
サバイヨングラタン
食い意地負け、で画像なし



兵庫・明石浦漁港直送 活〆真鯛の鱗仕立て
レモンとオリーブオイルのブイヨン
a0022024_12533497.jpg

阪南「高橋牧場」より「なにわ黒牛」のロースト
貝塚・木積の筍を添えて
a0022024_12532091.jpg

紀ノ川「観音山フルーツガーデン」より
グレープフルーツのマリネとホワイトチョコレートのムース



ワイン
a0022024_13032634.jpg
a0022024_13033375.jpg
a0022024_13034070.jpg

いわゆるビストロ、ネオビストロの構えだが、
出てくるのは本格フランス料理。

フランス帰りのまだ若いシェフとかで、
一皿一皿がはつらつとしていた。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。





by hirorin330 | 2018-05-02 12:48 | 美食

所属する団体の祝宴で、
リッツ・カールトン大阪へ。

そのメインダイニング『ラ・ベ』は、
さすが、の空間で素晴らしい料理だった。

a0022024_12050934.jpg
a0022024_12050338.jpg

アミューズ

a0022024_12045580.jpg

おしゃれなボックスは、

a0022024_12044646.jpg

パン

a0022024_12043756.jpg


ブリのマリネ タルタル 日本酒風味のブランマンジェ
キュウリのヴィネグレット キャビア

a0022024_12042868.jpg



黒鮑の海藻蒸し 肝でリエした白ワインクリーム 穂紫蘇

a0022024_12042121.jpg



アマダイクリスピー 野菜のコンフィ ヴァンジョンヌソース

a0022024_12041294.jpg



和牛肉のロースト コーヒーバター トリュフと赤ワイン

a0022024_12040486.jpg



アヴァンデセール
フルーツコンポテ 弓削牧場のフレッシュチーズムース

a0022024_12035606.jpg




苺とライスムース 飴ボール仕立て レモン風味

a0022024_12031839.jpg



ワイン

シャンパーニュ

a0022024_12034891.jpg

a0022024_12034026.jpg
a0022024_12030877.jpg

格式高いグランメゾンは、実は苦手。
だけど、こちらは、いつの間にかすっかりくつろいだ。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。





by hirorin330 | 2018-04-30 12:00 | 美食


手仕事の逸品を求め、その作業場へお邪魔する「手仕事探訪」、今回は、コルク鍋敷き一筋30年の三代目『コルフナ』さんにお話をうかがいます。コルクの焼ける香ばしい薫りとワインの香りも漂う作業場は、雑然としつつも職人の使い勝手にこだわる様子が感じられます。

a0022024_10554908.jpg



私:ワインの香りもいいですねえ。

コルフナさん(以下「コ」):いいコルク使ってるからね。やっぱ、グランヴァンはいいね。

私:こんなにたくさんの材料はどのようにして?

コ:そりゃ、俺が飲むのさ。

私:ということは、材料集めも大変なお仕事になりますねえ!

コ:んなこたね。好きでやってんだ。

私:拝見してますと、見取り図や設計図もなしの作業ですか?

コ:ワインが11本違うようにコルクだって一つずつ個性がある。それを組み合わせてこさえるんだから、図面なんてねえさ。二つと同じものはできねえし。

(職人気質のコルフナさんのご機嫌を損ねたかもしれません。ここは、急いでよいしょ。)

私:それにしても見事な鍋敷きですねえ!粉砕コルクを圧縮して作られたコルクボードの鍋敷きとはまるで違います。

コ:あたりめえだ。一緒にするな。

私:す、すみません。(またお叱りを。)

コ:んにゃ、ええ。

私:どれくらいのペースでお造りになるのですか?

コ:最近は、酒量も減ったし、あんまり作らね。

私:お弟子さんや後継者の方は、いらっしゃいますか?

コ:んにゃ、居ねぇ。仕事がきついのか、弟子はすぐやめちまうし。子どもは、みんなよそで好きなことやってる。

私:それでは、この鍋敷きは・・・。

コ:俺で終いだな。(寂しく微笑む)

手仕事探訪では、様々な手仕事をお伝えしてきましたが、時代の流れにあらがうかの鍋敷きはもうすぐ幻のものになるのかもしれません。今回、コルフナさんのご厚意で先着3名様に未開封のワイン18本で、「逸品コルク鍋敷き」1枚を作っていただけることになりました。ワインは、赤でも白でも、ただし、グランヴァンクラスの天然コルクが使用されたワインに限る、ということです。ふるってご応募ください。尚、完成までには、通常、18日から30日かかるそうです。知らんけど。



a0022024_03161955.jpg
泣く子も黙る銘酒。
酒飲み永遠の憧れ。

ロマネコンティ

下世話な話だが、その価格は、
なんと、200万円を超える。

もちろん720mlの標準ボトル、
1本の価格だ。(ネット調べ)

そもそも、ブツが、無い。
滅多にお目にかかれない。

そんな幻の銘醸ワインを口にする機会を
富裕層の皆さんから、お誘いいただいた。

話せば長くなるが、
ちょっとした賭けに勝って権利を獲得したのだ。

2017年の日本シリーズ第1戦、
両チームの合計得点をあてるというゲーム。

10人の席に数十人が手を挙げていた。
私は、最初から勝負に出た。

1点~5点の、それらしい数字は、競争率も高い。
打撃戦と読み、合計11点と答え、試合を待った。

結果は、ずばり11点。初戦で勝ち抜け。
ただ、1対10とは思わなかったのだが。

で、その日を迎えた。

a0022024_03170912.jpg
もちろん、ロマネコンティだけのはずもなく、
エシェゾもサンシェールもささすがのマリアージュ。

a0022024_03183677.jpg

夢のような時間だった。





お料理はこちら。
この2月、大阪・西天満に
新しいフランス料理店がオープンした。

a0022024_16380016.jpg

『ルヴニール』
再出発という意味らしい。

以前、この場所には、
別のフランス料理店があった。

オーナーはそのまま、
シェフもスタッフも変わっての再出発。

a0022024_16390308.jpg
アミューズ
a0022024_16392322.jpg


a0022024_16412719.jpg
天草天然車海老
オシェトラキャビア
燻したヨーグルト
ビーツ



a0022024_16414168.jpg
フォアグラ
ホタテ
チリメンキャベツ
ソースペリグー


a0022024_16420510.jpg
ロワール産ホワイトアスパラガス
ソースオランデーズ
赤穂のマテガイ


a0022024_16422792.jpg
ビーフコンソメ
ウニ
人参のフラン
柚子の香り


a0022024_16424710.jpg
マナカツオのロティ
ヴィエノワーズ
シードルビネガーソース


a0022024_16430701.jpg
和歌山産仔猪のパイ包み焼


a0022024_16432889.jpg
紅茶のジュレ
+ソルベシトロン
=レモンティー


a0022024_16433979.jpg
シェリー酒の香るフルーツのグラチネ


a0022024_16431755.jpg
フロマージュ


a0022024_16435315.jpg
ワイン


実は、3月に2回うかがって、
4月にも2回お邪魔してきた。

だが、同じ料理は一つも出ない。
シェフとスタッフの心意気を感じる。

まもなく予約困難店になりそう。



ごちそうさまでした。
とても美味しうございました。




by hirorin330 | 2017-09-01 17:17 | 美食
なぜか訪ねる機会のなかったお店。
やっと、ランチにお邪魔してきた。

『ブザンソン』

a0022024_1694914.jpg


フランス東部、スイスやドイツとの国境に近い、
古代ローマ時代以前からの古都の名を持つお店。

a0022024_16103714.jpg

発酵バターに練りこまれていたのは、
パセリやガーリックではなく、海藻。



アミューズ
a0022024_16105025.jpg

秋刀魚 パールバルサミコ コリンキー


前菜
a0022024_1611441.jpg

旬の野菜と魚介



a0022024_1611233.jpg

愛媛産ホウボウ ソースアメリケーヌ



a0022024_16114452.jpg

ニュージーランド産 子羊 白ワイン


肉(同行者)
a0022024_16115664.jpg

ハンガリー産鴨胸肉 ポルト酒


デセール
a0022024_1612163.jpg

無花果 紅茶アイスクリーム


小さなお菓子
a0022024_16123718.jpg



シャンパーニュ:アヤラ(画像なし)

白ワイン
a0022024_16125559.jpg


赤ワイン
a0022024_16131124.jpg


a0022024_16133730.jpg



昼間からそのつもりでいたので、
グラスワインも色々いただけた。

なんとも居心地よく、
寛いだ、昼食だった。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。
by hirorin330 | 2016-10-31 11:58 | 美食
a0022024_1341234.jpg

堂々のグランメゾン。
大阪屈指のフランス料理店。

ル・ポン・ド・シエルにお邪魔してきた。
ちなみに、ミシュラン☆。


a0022024_1344612.jpg

コンソメで火通ししたフォアグラ
レモン香る緑のミネストローネと共に


a0022024_135316.jpg

ホタテ貝のローストとクネル
ほうれん草とブレット菜
パルメザンチーズのソース


a0022024_1351861.jpg

フランス産舌平目のヴァプール
アスパラガスのクロッカン
モリーユ茸のエミュルションとジュ


a0022024_1353342.jpg

和牛フィレ肉のロースト
アーティチョークのピューレ
ジロール茸とロケット菜を添えて


a0022024_1355196.jpg

フランス産フレッシュチーズ


a0022024_136624.jpg

チェリーのショーフロワ
温かいクラフティと冷たい泡のアイスクリーム


白ワイン
ヴィレクレッセ オー クラッセ
アンドレ ボノム 2012

赤ワイン
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ
ドメーヌ・ド・ラ・プレット マグナム1995


アミューズの苺のガスパチョに始まり、
デセールまで、新・王道フランス料理を堪能した。



ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。
by hirorin330 | 2016-06-16 12:33 | 美食

気鋭の赤沢シェフが、
満を持して独立開業してちょうど1年。

周年記念のディナーにお誘いいただき、
西天満、アメリカ総領事館隣のお店へ。

10席ほどの小さなお店だが、
ゆったりとくつろぐ空間演出。

もちろん、シャンパーニュからスタート
a0022024_0364150.jpg


アミューズは、鱧、アスパラソバージュから。
緑の泡の下にはウイキョウのソースが隠れている。
a0022024_037760.jpg

この鱧、技あり。
炙りの香ばしさの奥に昆布の旨味が潜んでいる。

「カニタマ」
正式の名前は忘れた。
a0022024_0372874.jpg

しっかり味付けされたカニの身に、
卵黄を解していただくと、あら不思議、ドンピシャ。

野菜の芽が出た土に見えるのは、牛肉。
a0022024_0375660.jpg

土の下には、烏賊とホタテの海の幸。

鮑。
a0022024_0381191.jpg

もちろん一人分ではない。
a0022024_038316.jpg

アスパラと肝ソースで。

ようやく魚。
a0022024_039361.jpg

名前は忘れた。

メインの肉は、ブルターニュの仔牛。
a0022024_0392118.jpg

ジャガイモとフォン・ド・ヴォーで。

フロマージュ
a0022024_040196.jpg

吉田牧場、珠玉のチーズたち。
a0022024_0402097.jpg



お口直しと
a0022024_0403916.jpg

デセールも夢のように過ぎた。
a0022024_0405696.jpg



最後にテーブルに運ばれたのは、
クラシックなコレクションボックス。
a0022024_0411050.jpg

アクセサリーを並べた、宝石箱のようでもあり、
砕いたカカオを敷き詰めた箱庭のようでもある。

参りました。


シャンパーニュ

マリー・ドゥメ トラディション 
ブラン・ド・ノワール(ピノ・ノワール100%)

画像はないが、ラベルは、
ルノワールの画がエンボス加工されている。

ルノワール夫人がこの畑の隣村出身だったこと、
その時代から続く作り手であることを意味するという。


a0022024_042679.jpg

ブルゴーニュ・ピノ・ファン 2013
ドメーヌ・アルノー・ラショー


白(ソーテルヌ)
a0022024_0422141.jpg

カステルノ・ド・スデュイロー 2009


せっかくのゆったりした演出も
一品一品、夢中でいただいてしまった。

まだまだだなあ、自分。
近々、出直してまいります。


ごちそうさまでした。
大変おいしくいただきました。
by hirorin330 | 2016-05-29 00:34 | 美食
いつもと違うメンバーだが、今回も私が最年少。
壮年+壮年オーヴァーな男性が9名。

顔ぶれを見ると、いや、なかなかに壮観。
お連れいただいたのは、芦屋のフレンチ。

2010年からこの地にあったそうで、
2016年、ミシュラン兵庫で☆を獲得。

シェフの北島さんは、
『アランシャペル』のスーシェフだった方。

芦屋を名乗ってはおられるが、
敷居が高いわけではなく、テーブルには、箸も並ぶ。
a0022024_2195874.jpg

オードブル
a0022024_2201466.jpg

左下の緑色は、辛味大根の種。
ほんのり甘い大根風味が不思議。


a0022024_2203437.jpg

トマトの冷製ポタージュ
a0022024_220579.jpg

オマール海老
a0022024_221148.jpg

熊本産赤牛
a0022024_2213119.jpg

生姜のソルベ
a0022024_2214621.jpg

デセール
a0022024_222773.jpg

小さなお菓子
a0022024_2222060.jpg

ワイン
a0022024_2223375.jpg

プイィ・フュメ(ロワール・白)
ピュリニ・モンラッシェ(ブルゴーニュ・白)
ヴォーヌ・ロマネ(ブルゴーニュ・赤)

お任せだったワインもドンピシャ。

私が最年少というだけでなく、
最高齢は、子どもの頃からの主治医で、父の世代。

こういう集まりは、少々窮屈ではあるが、
フランス料理を楽しむ先輩方は、密かに誇らしくもある。

ちなみに、私は、二次会以降は、失礼した。



ごちそうさまでした。
とてもおいしくいただきました。
by hirorin330 | 2016-05-20 12:17 | 美食